ディーゼルだけ!?マツダCX3がファミリーカーに革命を起こす。



マツダから新しいモデルが発売されました。

その名はCX-3、お察しの通りCX-5の弟分的な車でCX-5が中型クロスオーバーSUVとしたらCX-3は小型クロスオーバーSUVということになります。
この車は先だって発売されたデミオをベースにして作られたモデルで一言でいえばデミオのクロスオーバーSUVバージョンです。

デミオが発売された時にもガソリンエンジンと同時にクリーンディーゼルエンジンが採用され、話題となりましたが、今回のCX-3は驚くことにクリーンディーゼルだけのラインナップとなっています。
マツダはここ数年、積極的にクリーンディーゼルを採用することが多くなってきており、このモデル以外にも先ほどのデミオやアクセラ、アテンザ、そしてCX-5など主力モデルすべてにクリーンディーゼルエンジンモデルを用意しているのですが、クリーンディーゼルエンジンだけというのはこのCX-3がここ最近の中では初めてとなります。
マツダはもともとヨーロッパ市場を大事にしている自動車メーカーで、日本よりも緩いヨーロッパのディーゼルエンジン規制によって、ディーゼルエンジンモデルがよく売れているということに対応するためにディーゼルエンジンモデルをたくさん作っているのです。rh93wt03
それをそっくりそのまま日本で売っているということがマツダにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルが多い理由。

しかし、日本ではいまだにディーゼルエンジンは敬遠されがちでそれがたとえクリーンディーゼルエンジンだとしても同じこと。
マツダがとったこのディーゼルエンジンだけという販売戦略は果たして吉と出るか凶と出るか興味がわくところです。
日本は空前のクロスオーバーSUVブームということでCX-3を好む傾向にはありますが、そのときにディーゼルエンジンだけということになった時にどういった反応が出るのかというのが勝負の分かれ目だと思います。
もしかしたら初めてのマイナーチェンジのときにガソリンエンジンモデルが追加されるということになり得るかもしれません。
日本人はどうしてもディーゼルエンジン=トラックのエンジンというイメージが強いため、乗用車を買う時にディーゼルエンジンというのもやはり抵抗があると思います。
それとマツダが好きで好きでたまらない方には関係ないことなのかもしれませんが、どの車も同じような顔つきというものなかなか馴染めないではないのでしょうか。
現段階でもアテンザ、アクセラ、デミオ、CX-5、そしてCX-3と5車種がほぼ全く同じデザインというのもなかなか国産車ではお目にかかれないものです。
どうやら最近のマツダはいろいろなことにチャレンジしているようです。

ファミリーカーとしてはどうか?

h4whgw
ファミリーカーとしては、十分使えるSUVといえます。
サイズもちょうどよく、アウトドアで使うには取り回しがすごくよくディーゼル⇒軽油ということで環境にもお財布にも◎。

CX5よりもコンパクトに仕上がっているので収納が少ないのはネックですが、それほど大荷物でなければ十分と言える収納です。
後部座席は空間も十分で見た目よりも広々している印象で子供を乗せても窮屈には感じない。

CX3の最大の魅力であるディーゼルと利点を最大限生かせるのが、ファミリーカーという使い方ではないだろうか。
ぜひこれからファミリーカーを購入する人には検討に入れてほしい1台ですね。

「ジェイド」ホンダから新しいミニバン登場!ファミリーカーとしても使える!?

ホンダの大型低ルーフミニバンである旧型オデッセイの取り回しが悪いという欠点を補うために作られたストリームですが、あまりパッとした人気が出ないままつい最近生産終了してしまったのですが、実は後継モデルが開発されていました。
その車の名はジェイド、すでに中国などでは販売されているのですが、どうやらそれを日本仕様に作り替えたものが2014年の年末あたりに発売されるようです。
ボディ形状は先代ストリーム同様の低ルーフスタイルのもの採用し、全長こそ5ナンバーサイズですが、全幅が広がる予想で3ナンバーモデルとなるようです。
エンジンはホンダが新しく開発した200psの1.5リッターVTECターボエンジンで、2リッターNAエンジンのダウンサイジングターボエンジンとして採用されます。
それからハイブリッドモデルも用意されるようで2リッターNAエンジンにハイブリッドシステムが採用されるらしいです。
キャビンの中にはストリーム同様に3列シートが設置され、2+3+2の7人乗りとなりますが、サードシートは相変わらずチープなものになるようです。ですから、6人家族となると子供が小さくない限りは窮屈になるかと思われます。
実際ファミリーカーとして使えるかというと、4人家族であれば問題なく使えそうですし、荷室も広くキャンプなどのアウトドアにもしっかり活躍してくれそう!

小さなセダンファミリーカー「ラティオ」


日産のファミリーカーの中で一番小さな車となるのがこのラティオです。

ラティオはサニーの後継モデルであるティーダの派生モデルとして作られたティーダ・ラティオが独立した形で生まれたもので小型セダンモデルの役目を担っている車です。
小型モデルといっても最近の小型モデルはキャビンもかなり広く、大人4人が乗っても十分ロングドライブを楽しめるようなものとなっており、このラティオも同じように広いキャビンを持っています。
とは言っても5ナンバーサイズのボディを持っているので他の大型セダンのような広さは持っていませんが、大人二人と子供二人ぐらいであればファミリーカーとして使うことができます。

ただ少しエンジンに元気がなく、4人乗って高速道路を走るというのは少し厳しいかもしれませんが、あまり遠くまで出かけないファミリーや夫婦だけのファミリー、子供が一人だけのファミリーであれば問題ないでしょう。
何よりも軽自動車並みの価格で買えることが大きなメリットで、燃費のいいエンジンもあわせてコストをかけないで乗ることができる最小のファミリーカーではないかと思います。
⇒スバルエクシーガも合わせて見てみる

デリカD:5はパワフルで家族でアウトドアには最適!


三菱が発売する大型ミニバンがこのデリカD:5なのですがこの車はただのミニバンではありません。
三菱が得意とする電子制御式のフルタイム4WDにラダーフレーム構造を持つボディを持ったこの車は国産車でも数少ない本格的なSUVとしても存在しているのです。
間違ってはいけないのがクロスオーバーSUVではなく、SUVです。
SUVの条件であるラダーフレーム、悪路走破性、たくさんの荷物が積めるというすべてモノを兼ね備えたのがこのデリカD:5で、同じ大型ミニバンでもエルグランドやアルファードでは到底走ることができないところでもこのデリカD:5は軽々と走ってしまうのです。
ですから、この車を買う時はローデストというオンロードに絞ったモデルではなく、ロードクリアランスをたっぷりと取った標準モデルを選ぶのが正しい買い方となります。
更におすすめなのが日本人があまり好まないディーゼルエンジン搭載車です。
このディーゼルエンジンは昔ながらのうるさくて臭くてというものではなく、今流行りのクリーンディーゼルでガソリンエンジン同様の運転をすることができ、更にディーゼルエンジンならではの低回転トルクや燃料代が安く済むなどのメリットもあるので、この車を買おうと思っている方はとりあえず候補に入れておいてください。

ギャラン・フォルティスという選択肢

三菱の中で4人ぐらいのファミリーにちょうど良い大衆的なファミリーセダンとなるのがギャラン・フォルティスです。
スポーツモデルであるランサーエボリューションXに似たようなデザインが特徴ですが、この部分に関して少し誤解があるようです。
誰が書いたか知りませんがウィキペディアにランサーエボリューションXはギャラン・フォルティスがベースになっていると書いてありますが、これは全くの嘘で逆にランサーエボリューションXの廉価的なモデルがこのギャラン・フォルティスなのです

この車は2リッターNAと2リッターターボ、そして1.8リッターNAという3つのエンジンバリエーションを持っており、使い方によって選ぶことができるのですが、4人や5人で乗ることが多い場合は迷わず2リッターターボエンジンモデルの「ラリーアート」グレードを選ぶことをお勧めします。

このグレードはファミリーカーでありながらスポーツ走行も若干楽しめるようなつくりになっており、ランサーエボリューションXとまではいきませんが240psのパワーは余裕の走りを生み出します。
高速道路や峠道をよく走る方にはピッタリなファミリーカーではないかと思われます。

セダンでも結構いい!プレミオ・アリオン

4ドアセダンスタイルのファミリーカーでカローラよりも上の車を狙うのであれば、このアリオン・プレミオ兄弟車がいいでしょう。
この2台の車は全く同じ車で若干デザインが違うのと販売される店舗が違うだけというものですからどちらを選んでも変わりはありません。
エンジンは3種類、1.5リッター、1.8リッター、2リッターの中から選べることができ、価格帯も180万円台から280万円台と幅の広いラインナップを持っています。

ボディサイズは5ナンバーサイズに収まる大きさですがカローラのようなデザイン的にコンパクトになってしまうものではなく、いわゆる5ナンバーのフルサイズといったもので意外と広く使うことできそうです。
理想となるファミリーは親2人とちゃんと1人でおとなしく座っていられるであろう年齢の子供二人まで、定員的には5人乗りですがゆったりと乗りたいので4人までにしておいた方がいいでしょう。
デザイン的にリヤシート周りに余裕があるので、子供でなくお母さんが座っても余裕があるので、子供が助手席に座りたがる時でも充分対応することができるでしょう。

RVRで家族でアウトドアへGO!!

三菱の小型クロスオーバーSUVであるRVRもレジャー好きのファミリーにちょうど良い車だと思います。
エンジンは1.8リッターNAエンジンで16.6km/Lという燃費性能と139psという動力性能を持ち、三菱お得意の4WDシステムも低価格車にありがちな生活四駆ではなく、FF・4WDオート・4WDロックという三つモードをボタン一つで選ぶことができる、オフロード走行も十分対応できる本格的な4WDシステムを持っています。

キャビンもこのクラスの車としては広めのものとなっており、さすがにフル定員の5人は少し窮屈ですが、大人2人子供2人程度の家族であれば、特にきつくはないと思います。
更にクロスオーバーSUVならでは積載能力も特筆すべき点で、リヤシートがそのままでもかなりの荷物を積むことができるので、釣りやキャンプ、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツなどにも十分対応できます。

全幅こそ3ナンバー枠のものとなっていますが、全長は短く取り回しも楽なので、普段は奥様用の車としても使うことができ、結構出番は多いかと思われます。

爽快スポーツワゴン!キビキビ走る「アテンザワゴン」

マツダで手ごろなファミリーカーとして使える車といったらアテンザシリーズの1台となるアテンザワゴンがいいでしょう。
いわゆるアテンザセダンベースのステーションワゴンモデルということで、3ナンバーボディを持つ大型ステーションワゴンです。

ステーションワゴンですから2列シートで定員は5人までということになるのですが、リヤシート周りもかなり広く作ってあるのでこの車であればフル定員でも窮屈な思いはあまりしないでしょう。
4800㎜以上の長いボディをもっているのでリヤシートに座っても足元は広く、セダンモデルと違ってルーフ形状も直線的なものとなっているのでヘッドクリアランスも十分とられています。
この車だったら5人家族で旅行といったシチュエーションでも十分こなすことができ、広いリヤラゲッジスペースはお土産をたくさん買っても余裕で収まることでしょう。

走りに関しても2.5リッターと2リッターのガソリンエンジンや2.2リッターのクリーンディーゼルなどパワフルなエンジンが搭載されているので5人乗っても快適な運転をすることができ、ドライバーであるお父さんにもあまりストレスがかかることもないでしょう。

新しいスタイルのファミリーカーe-NV200ワゴン

新しいスタイルのファミリーカーとしてe-NV200ワゴンはどうでしょうか。
e-NV200ワゴンは商用車であるe-NV200のワゴンモデルで、今話題となっているEV、電気自動車です。
電気自動車ですのでガソリンは必要ありませんし、音も静か、排気ガスも全く出さないという最先端の車です。
ボディ自体はNV200バネットとして作られているものと全く同じもので、昔ながらの商用バンベースのワゴンモデルということになるのですが、荷物を積むために作られたボディはワゴンとしても広大なキャビンとし使うことができているのです。
バリエーションも2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りがあるので、子供の多いファミリーやおじいちゃんおばあちゃんなどと一緒に暮らす家族でも充分使うことができます。

ミニバンのように豪華なインテリアやパワースライドドアなどの快適装備はついていませんが、それでもオートエアコンやリヤクーラーなどを標準装備していますし、EVモデル専用のカーナビなども標準装備されているので必要最低限のものはそろっているのです。
それにEVですから最近値上がりが騒がれているガソリン代も全く必要なく、家庭用電源から充電することができるのかなり維持費が安く済むと思います。
ただ、一充電での航続距離が短く、充電スポットもまだまだ少ないので遠出となると少し不安ですが、近場の買い物やレジャーであれば何も問題はないでしょう。
それとサードシートの足元が少し狭いのでサードシートは子供専用にするとか普段はあまりつかないようにするなどの工夫が必要になるでしょう。

ウィングロードは荷室が広くてファミリー向け!

ウィングロードも子供たちが小学生から中学生以上になったら乗れるファミリーカーです。
カテゴリー的にはステーションワゴンということになるのですが、昔ながらのセダンモデルのボディを延長しただけのステーションワゴンではなく、商用バンであるADバンのワゴンモデルですからキャビンの広さは低ルーフミニバン並みのものを持っています。
定員が5名ですので両親と子供3人までということになるのですが、リヤシートはやはり二人掛けの方が快適ですので二人掛けで合計4人までのファミリーということになります。

定員は少ないもののさすが商用車ベースです、リヤラゲッジスペースはミニバン以上のものを持っており、かなりの荷物を載せることができるので家族揃っての旅行などにも対応することができます。
更に定員は減ってしまいますがリヤシートをたたんでリヤラゲッジスペースと連結した状態を作ると最大で168センチまでの長物も積むことができるので、ロッドラックがついていなくても釣りに行くこともできます。
ただ、ベースの商用バンと同じ非力なHR15DE型エンジンを搭載しているので、お世辞にも快適な走行ができるとはいいがたいところがあります。