新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?

10202508_201602

現代は車の生活が当たり前になり、車はなくてはならないものになりました。また、エコな車が流行しており、中でもハイブリットはその燃費の高さからとても人気があり、今後発売する車はハイブリットが主流になることでしょう。

そこで、ホンダから新たなハイブリットカーが発売されました。
「新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?」の続きを読む…

日産エルグランドがファミリーカーに選ばれる6つの理由

ng4oi5
家族で乗る車を買いたい、けどたくさんありすぎて迷っている…という方にぜひ一度検討していただきたいのが日産のエルグランドです。
エルグランドがファミリーカーに選ばれている6つのポイントをシーン別に紹介します。

1:赤ちゃんを載せてお出かけ

奥さんの妊娠をきっかけに、出産後の生活を考えて車を買い換えるという方も多いのではないでしょうか。
そんな赤ちゃんが産まれるご家庭や、すでに赤ちゃんのいるご家庭にもエルグランドはオススメです。
まず、赤ちゃんの移動に欠かせないのがベビーカーです。
新生児から乗れるベビーカーは思ったより大きくかさばるうえ、赤ちゃんを乗せるチャイルドシートを取り付けると車内はとても狭くなってしまいます。
エルグランドなら、車内が広いのでチャイルドシートがついていても楽にベビーカーを乗せるスペースがあります。
さらに、赤ちゃんとのお出かけのときに困りがちなのがオムツ替えや授乳をする場所が意外と少ないことです。
車内が広いと、車内でオムツ替えや授乳がスムーズにできるのでお出かけ前にオムツ替えや授乳できる場所を探さなくてもよいのが嬉しいポイントです。
赤ちゃんが少し大きくなると、チャイルドシートから抱っこ紐への乗せかえをすることも多くなってきますが、車内が広いエルグランドなら余裕を持って乗せかえることができます。

2:小さなお子さんを連れてのお買い物

お買い物は主婦にとってなかなかの重労働です。
とくに小さなお子さんを連れてのお買い物に苦戦しているお母さんも多いと思います。
一番大変なのは、荷物の積み下ろしをしなくてはいけないことではないでしょうか。
そこで助かるのがスライドドアです。
特にスーパーの狭い駐車スペースでは目を離した隙に子どもが隣の車にドアを当ててしまわないかヒヤヒヤします。
スライドドアならそんな心配も要りませんし、間口が広いので買い物した荷物をどんどん積みこむことができて便利です。
買い物のストレスが一気に減らすことができそうです。

3:家族でのお出かけに

お子さんが小さいうちは、おじいちゃんおばあちゃんも含めて家族で旅行に行く機会も多いのではないでしょうか。
エルグランドなら3列目のシートまで大人が余裕で乗れる広さを確保できます。
さらに運転者に嬉しいのが、人や荷物が沢山乗っていてもアクセルをべた踏みしないと進まない…ということが全くない加速の良さです。
十分な馬力で加速がスムーズなので、高速道路などを長時間運転しても疲れにくいです。
長距離の運転で着いた頃にはヘトヘトで旅行が楽しめないなんて心配も要りません。
家族での楽しい旅行の思い出は一生の思い出になることまちがいなしです。

4:中高生のお子さんの送迎に

中高生になると自転車通学をするようになる子もいます。
朝は自転車で登校したものの、下校時間には大雨…ということも梅雨などには日常茶飯事です。
さらに、部活動で帰宅時間が遅くなる娘さんを迎えに行くということも最近では多いようです。
そんなときに、車に自転車が積めるというのは大きな強みになります。
シートを倒せば自転車も楽に積むことができますよ。

5:ちょっとした引っ越しに

子どもが一人暮らしをするといった引っ越しのシーンでもエルグランドが活躍します。
シートを全てフラットにすれば、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家具家電以外はたいてい運ぶことができます。
服や調理器具などはダンボールに詰めて整頓して詰めば、一人暮らしくらいの荷物なら一度で運ぶことができそうです。
物干し竿など長さのあるものを運べるのも、車内が広いからこそできることだといえます。

7:アウトドアなどのレジャーに

釣りやキャンプなどを楽しみたいご家庭にもエルグランドはおすすめです。
釣り竿やサーフボードなど長さのあるものを乗せることはもちろん、シートをあげればフラットになるのでマットを敷けば車中泊もできてしまいます。
遮音性も優れているので、外の音が気になりにくいのもありがたいですね。

エルグランドのよさはなんといっても「車内の広さ」にあると思います。
大きすぎるのではないかと感じることもあるかもしれませんが、実際に乗ってみると大きすぎると感じるくらいが実はちょうど良い大きさだということがわかりますし、
これからどんどん大きく成長するお子さんをお持ちのご家庭なら、年々そのことが実感できると思います。


車に泊まろう!車中泊にオススメのファミリーカー

コンパクトながら快適な車中泊が楽しめるフリードスパイク

n3u4t43
快適な車中泊を楽しむためには、ゆとりある車内空間を確保できる車種を選択する必要があります。候補は当然ミニバンやワゴンなど大きな車が中心になりますが、比較的小型ながら十分車中泊に対応可能なのが「フリードスパイク」です。

フリードスパイク最大の特徴は社内広報に設けられた大空間です。この空間のおかげで利やシートをフルフラットに倒すことが可能になり、車中泊の条件である「横になって眠れる広い車内空間」を確保することが可能となっています。前籍を目いっぱい出せば後部空間は2015ミリを確保できますから、大人が横になっても十分足を延ばせるだけの広さが確保できます。

単にシートを倒すのではなく段差のないフルフラットな状態にすることができますから、マットを引いて横になれば翌朝目が覚めたときに体が痛む心配もありません。レイアウトチェンジも簡単にできるうえに必要な荷物を十分積み込める積載容量がありますから、車中泊の足としてフリードスパイクは理想的な車といえるでしょう。

大開口のテールゲートや大型スライドドアなど開放性が抜群なので大きな荷物の積み下ろしもしやすく、就寝時以外はドアを開けておけばキャンプベースとしても活躍してくれます。フリードスパイク専用の車中泊グッズなども発売されていますから、自分好みにカスタマイズすればより快適な車中泊が楽しめる一台になるでしょう。

フルフラットなワンボックス日産NV200バネット

ntu54o5
ゆとりある車内空間が魅力のワンボックスは車中泊にオススメの車種です。その中でも特に車中泊にピッタリなのが「日産NV200バネット」です。

日産NV200バネットは子だ多少用ワンボックスとしてだけでなくファミリーユースのアウトドアレジャー用途を重視して設計された車で、車内後部空間をフルフラットにすることが可能です。他にも後部フルフラットを売りにするミニバンはいくつかありますが、それらは単に後部座席を水平まで倒せるというだけで完全に後部空間が平らになるわけではありません。

日産NV200バネットは他のワンボックスと違い後部座席を収納してまっ平らな状態にすることができます。余計な凸凹が無く部屋と同じような状態になりますから、横になった快適性が段違いです。マットを敷いて横になれば、一瞬にして後部空間が快適な寝室へと早変わります。

荷室空間は1900ミリと車体の大きさに比べてもゆとりある空間が用意されているので大人が横になっても十分な広さが確保できます。走行性能もタクシー用の車種として正式採用されるほど安定性に優れ、燃費も良く車中泊の長距離ドライブに向いています。価格も200万円前後と比較的手ごろなので、車中泊初心者から上級者までオススメの一台です。

SUVで車中泊するならホンダヴェゼル

fgjwo4wy5
アウトドアレジャーならやっぱりSUV、という人にオススメの車種が「ホンダ ヴェゼル」です。SUVは車体も大きく車内空間も広めなので車中泊に向いているのですが、ヴェゼルは数あるSUVの中でも特に車中泊にピッタリの車です。

ヴェゼルは大きな車が多いSUVの中では比較的小型の車ですが、後部座席をフルフラットにすることができる車中泊向けの使用となっています。傾斜のないフラットなスペースというのは車中泊をするうえで非常に重要ですから、小型のヴェゼルがSUVの中では一番オススメの車種になります。

全席を一番前にスライドさせれば1830ミリの後部空間が確保できますから、横になって眠れるだけのスペースを確保することができます。車高が低いため高さは920ミリとやや低めですが、寝るための空間であることを考えればそれほど窮屈さを感じる心配はいりません。後部にマットを敷けば、ゆったりと眠れるベッドルームに早変わりです。

SUVという特性を生かしたアウトドア走行に強みを発揮しますから、釣りやサーフィンなどを楽しむための車中泊にはピッタリの車です。悪路をものともせずすいすい走りますから、山の中で車中泊で夜を明かして朝からアウトドアレジャーを楽しむような用途にはベストチョイスな車です。

ホンダ「シャトル」の評判は?ファミリーでの使いやすさ、燃費はピカイチ!

fno34ntp352y
最近は、エコカーが注目され、特にハイブリットカーはユーザーがとても注目するところです。ハイブリットカーは、セダンタイプの車両に多くて、ワゴンタイプでハイブリットカーというのはなかなか車種がありませんでしたが、ワゴンタイプのハイブリットカーをラインナップする注目の新型車が発売されています。それは、ホンダのシャトルで、その性能や装備などに関しては目を見張るものがあります。

なんといっても燃費がいい。

ホンダシャトルの特徴は、何といってもハイブリットモデルの存在です。
シャトルのラインアップとしては、ハイブリッド車として、1.5リッターのエンジンに7速オートマ
チックを搭載した「ハイブリッド」、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」とガソリン車として、1. 5リットルの無段変速オートマチックを組み合わせる「G」がラインナップしています。
ハイブリッド車はクラストップとなる34.0km/L(JC08モード)という燃費性能を記録しています。
30km/Lを超える燃費性能は驚異的で、ワゴン車でこれだけの燃費性能を有していれば、遠くへ出かける際にも頻繁な給油が必要なくまたガソリン代の節約に貢献してくれることは間違いありません。
優れた燃費性能を達成。
そして、燃費性能にこだわりながらも、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて 4WD仕様を設定している点も驚くところです。悪路が多いところや雪が多い地域などでは4WDは必需品ですが、4WD車は燃費が悪いのが唯一の弱点でしたが、シャトルでは4WD車でも低燃費を記録しているので、これまで4WD車で低燃費な車を欲していた地域における新しい需要を開拓する可能性があります。

デザインは意外と良い!!

プリント
シャトルに関して、まず外観のデザインは、フロントマスクがとても引き締まっていてかっこいい印 象をうけます。また、車自体は全体的に流線型で、ワゴン車と言えば少し四角い独特の形をしています が、シャトルはワゴン車ということを感じさせない美しいフォルムをしています。
室内に関してもまず、運転席の質感が上質です。エンジンをスタートさせた際のスピードメータあ たりの各パネルが点灯する演出や、メーター周りのデザインも近未来的でとてもオシャレです。また、 ハイブリットモデルであれば、タコメーターがないので、メーター周りがとてもすっきりしたデザイン で見やすいのが特徴です。
また、シフトノブのデザインもとても個性的で、小型のシフトノブは以外に操作性が良いのと、そのシャープなデザインがハイブリットモデルにはとてもマッチしています。
シートも若干バケットシートのようなつくりになっていて、体全体を包み込むような形になっているので、運転しやすい設計となっています。座り心地もクッション性が良くて、長時間のドライブでも疲れ知らずで運転できます。

価格は169万円から~

プリント
ホンダシャトルの価格に関しては、ガソリン車のGグレードの169万円台の最安価格から、ハイブリットの254万円までの価格がラインナップされていますが、車両本体価格がハイブリットの最上級モデルでも250万円台というのはとてもお得感があります。

ハイブリット車はバッテリーが高くつくため、ガソリン車よりも50万円ほど高く設定されますが、
ハイブリットモデルでも、シャトルであれば、300万円を切る価格でも購入できますから、ミニバンのハイブリットモデルがとても高くて購入できないといったユーザーにも購買意欲を駆り立てる車だといえます。

ハイブリットカーは欲しいけれど使い勝手がいまいちで、ミニバンのハイブリットタイプは高すぎるといった悩みを抱えている人には特におすすめできる車です。この車であれば、低燃費なので遠出も気兼ねなくできること間違いありません。

新型ハリアーの実力。ファミリーにうれしい居住スペース向上!

ダウンサイズ化でも室内広々!?

rn3it34

トヨタハリアーを選択する意味はハイクオリティーなSUV車を所有することであるとされており、内外装に亘る質感の高さや動力性能に優れたエンジンに感動する報告が多数寄せられております。現在販売されているトヨタハリアーは3代目となるのですが、前モデルと比較した場合にボディサイズがダウンサイズ化されているにもかかわらず、居住スペースが向上している点に高い評価を得ております。具体的な数値としましては後席におけるスペースが47mm広くなっておりますので、後席に乗り込むとかなり実感できるとされております。

さらに外観における評価なのですが、ダイナミックとスタイリッシュをうまく融合させたデザインに人気があり、概ね良好な評価となっております。また内装面における特徴としましてはダッシュボード部分などの質感の高さに感動する声が多く、その理由として本革風の処理がなされていることが挙げられております。またインパネ部分における評価も秀逸とされており、オプティトロンメーターの視認性の良さは安全運転に繋がるばかりか、運転する楽しさをも増幅するとされております。

進化した?パワー十分のエンジン

3代目トヨタハリアーには、2リッターガソリン車と2.5リッターエンジンプラスハイブリッドシステム搭載車が用意されております。まず2リッターガソリン車なのですが、基本的な動力性能としましては151馬力であり、JCO8モード燃費がFF車でリッター16キロおよび4WDタイプで14.8キロから15.2キロとなっております。そしてこの動力における評価なのですが、車格からすると上り坂における動力性能に若干の不満が残るものの、パワーモードが用意されておりますので積極的な活用により快適なドライブフィーリングを得ることが可能とされております。このパワーモードとはCVTにおける変速制御のタイミングを変更するものであり、加速感に優れたアクセルフィーリングを楽しむことができるように設定されているものであります。

逆に燃費重視の運転を心がける場合にはエコモードが用意されており、緩やかな加速となるように設定することが可能となっておりますので、自分の運転ポリシーにフィットさせたモードを選択することが推奨されております。それから2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッドモデルの動力性能評価なのですが、こちらはエンジンとモーターのコンビネーションにより得られるパワーが197馬力となっておりますので、上り坂に関しても不満の無いレベルであるとされております。しかもエンジンとモーターのコンビネーション性能自体が格段に進化しており、コーナーリングからの立ち上がり時において絶妙な動力性能を体感することになるとされております。

安心のブレーキシステム搭載

トヨタハリアーには衝突事故を回避するために様々なブレーキシステムが搭載されており、その高い性能に注目を集めております。プリクラッシュセーフティシステムの搭載により、運転時の危険回避を補助する高い機能を有していることになります。さらにインテリジェントクリアランスソナー、レーンディパーチャーアラートがステアリング制御付きで搭載されており、この機能を有していることによりまして車線の逸脱をオートマチックにコントロールすることが可能となっております。

もちろん全ての場面におきましてコントロールが可能ということではないのですが、運転者の不意なミスをカバーする機能としては大きな意味を持っていると考えられており、確実に事故の軽減につながるとされております。そしてこのトヨタハリアーにおけるベストチョイスとしましては、グレードとしてエレガンスが推奨されており、その理由としては基本性能と価格面のバランスが最もとれている点が挙げられております。

トヨタ エスクァイアの評判は?燃費がかなりいい??

ヴォクシー以上アルファード未満

b4i5to54
トヨタ店・トヨペットから新発売されたミニバンエスクァイア
最近ではVOXIを抜いてミニバンの中で一番売れ行きだそうです。

VOXIの姉妹車と言われています。2014年10月~11月に登場します。
エスクァイアの語源はラテン語で盾持ちという意味です。かっこいいですね!一時はエスティマを廃止し、後継者になると言われていましたがその可能性はなさそうです。
基本的にはノア、ヴォクシーをベースにクラウンマジェスタの高級感を盛り込んだ形になります。高級路線の使用になります。最近ではちょっと贅沢思考がはやっていますのでそんな時代の要望に答えたかの車です。
押し出しの強い大型めっきグリルとめっきの再度モールが加わったエクスクァイヤ。
ヴォクシーとはかなり雰囲気が異なります。内装も上級用本革を連想させる合皮シート。これでワンランク上の高級感を味わえます。これならアルファードと並んでも引けをとらないかもしれません。

室内は基本的にヴォクシーと同じ

エスクァイヤの使い勝手ですが超激戦区の5ナンバーサイズのミニバンでほかのメーカーのライバルしのぎを削ってきたヴォクシーやノアと基本は一緒です。扱いやすく便利で豪華な今の時代にあった車です。
実際の使い心地はどうなのでしょう。まずスライドドアを開いたときの開口口が広いです。
床が低いので小さい子供もひょいっと乗れてしまいます。高齢者の方でも簡単に乗れてしまいそうな高さです。また天井が非常に高いのです。室内の高さは1400mmとミニバンでno1です。
出かけたときに室内で着替えたり出来そうです。前の席には収納スペースもとても多く助かります。

またシートヒータもついているので寒い日はうれしいですね。高級感をポイントにするエクスクァイヤですが、運転席の機能もドライバー目線の使い勝手のよさが徹底的に追及されています。
視界も広びろとしていて上面がフラットなデザインになっています。また、エクスクァイヤでは、
メーター照度コントロール付でメーターが昼間でも見やすいです。

かっこそよさはピカイチ

かなりかっこいいです。5ナンバーサイズでは間違いなくナンバーワンのかっこよさです。
室内空間ですが低床化されていて乗降の負担を極限まで減らしています。そして後部座席ですが2列目シートのスライド量は81センチもあります。
これは本当にトヨタミニバンのいいところだと思います。
7人乗りでも4人で乗ることが多い、そんなときに後部席には最上級のくつろぎになりますね。
本当にすばらしいと思います。

最後は本当に大事な燃費の問題です。新型エスクァイヤのコンセプトは
高級なミニバンと思っていました。内装や装備ですが、後列目2列目のシートが横にスライドできちゃいます。ノアでも採用されている2列目のシート810mmは受け継がれています。
内装はめっきもーつやピアノブラックソフトパットなどが装備され上質な雰囲気になります。
LEDヘットライト、オートライト、オプティトロンメーター、本革ステアリング

左側パワースライドドア、リアクーラーはなんと標準でついてきますので
これならノアやヴォクシーより10万以上しても元はとれそうですね。
外観はノアにそっくりです。後ろから見るとぜんぜん分かりません。

高級志向というよりはいまのじだいにあったコストパフォーマンスがNO1だと思います。
エスクワイアの予約はスタートしていますが売れ行きはいいようです。
それにしても今買うなら絶対にハイブリットのほうを買ったほうがいいと思います。

燃費は23km!?

燃費がぜんぜん違います。エスクワイヤのハイブリット版の燃費はなんと、23.8km/ℓ
です。ミニバンと比較してもダントツで優秀です。
実用性コストパフォーマンスを重視されるならこの車はおすすめです。


新型シエンタ発売!フルモデルチェンジでどう変わった?

vgbrge
トヨタの新型シエンタが発売となりました。使いやすいサイズのミニバンといった新型シエンタですが、その気になる走行性能等について紹介します。

外観はトレッキングシューズ!?

新型シエンタの外観は、トレッキングシューズをモチーフに開発されたという事で、見た目がとてもスタイリッシュに変貌しています。町中でトレッキングシューズをファッション感覚で履く若者のイ
メージを採用したという事で、このデザイニングは若い世代からも好評を受けそうなデザインと言えます。

新採用シアターレイアウト

新型シエンタには、シアターレイアウトが採用されていて、後席に向かってシートが高くなるという構造になっています。後席に向かってシートが高くなっていくことにより、どの席からも前方への視界 が良好になるという効果が発揮されています。シアターシートの採用により、前のシートによる圧迫感を軽減して、しかも室内を広く感じさせる効果を発揮しています。

先進装備で安全性がアップ

先進システムとして衝突安全防止に特化した機能が採用されています。
Toyota Safety Sense Cというネーミングで衝突防止システムが搭載されています。
まず、プリクラッシュセーフティシステムです。レーザーレーダーと単眼カメラを使用することに
よって先行車を検出します。速度が約15km/h~140km/hで走行中に衝突が予測される場合に、警告音
を発することによってドライバーに回避操作を促します。そして、約30km/h~80km/hの領域でプリク
ラッシュブレーキアシストが作動し、仮にブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキが約10km/h~80km/hの車速域で作動し減速します。
次に、レーンディパーチャーアラートです。道路上の白線をセンサーで認識して、車線逸脱のおそれがある場合には、警告音とディスプレイによる表示でドライバーに注意喚起を行います。
そして、オートマチックハイビームです。この機能は、ハイビームとロービームをコンピュータが自動で切り替えをしてくれます。夜間におけるビームの切り替えのわずらわしさから解放してくるシステムで、また、歩行者の早期発見などにも活躍してくるシステムです。

魅力的な燃費で家族にやさしい!

新型シエンタの燃費性能は格段に向上しています。その燃費性能は、
・ ハイブリッドタイプが、27.2km/L
・ ガソリンタイプが、20.6km/L
という驚愕の燃費を記録しています。旧モデルが、17.2km/Lという燃費でしたから、格段に燃費性能が向上していると言えます。
カテゴリーがミニバンに入りますが、ミニバンの中で考えると最高性能と言えます。
シエンタに一番近いタイプの車を考えると、スバルのクロスオーバー7がタイプ的に似ていますが、
クロスオーバー7の燃費が約13km/Lという性能ですから、燃費を重視する人にとっては、とても魅力的な車と言えます。

価格は160万円台

新型シエンタのモデルは、ハイブリットタイプが、230万円台、一番お得な価格のモデルが160万円台という価格帯で車両が用意されています。一番お得なモデルであれば160万円台で車両本体が 販売されていますが、7人乗れる車でこのお値段というのはとても魅力的と言えます。燃費性能に優れたハイブリットタイプでも、車両本体が230万円台とハイブリットカーに興味がある人には、手軽にハイブリットモデルを体感することが出来る魅力的な車と言えます。

ちょうどサイズで燃費がいい車が欲しい方にいい!

頻繁に多人数は乗車しないけれど、7人乗る場合もあって座席を用意しておきたいというニーズの方には最適です。さらに、ミニバンは燃費が悪いと敬遠していた人にとっても燃費性能の問題をクリアしてくれるお勧めの車両です。
ただし、斬新な外観には抵抗する人も少なくないと思いますが・・・


新しい中型ミニバンの形「新型ステップワゴン」

中型ミニバンといえば日本では完全ファミリータイプのミニバンとして大人気となっています。
自動車メーカー各社もこのクラスのミニバンにかなり力を入れているようですが、現在少し遅れ気味なのがホンダのステップワゴンで、人気も販売台数も日産セレナやトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟よりも落ち込んでいる状態となっています。

その状況を打破するためにホンダはステップワゴンのフルモデルチェンジ。
2015年4月に発売されて基本的には現行モデルと同じようなものですが、大きく変わる部分もあるようです。
その一つがリヤゲート、中型ミニバンのリヤゲートというのはワンボックスカー時代からずっと使い続けている上下開きのものですが、今度のステップワゴンにはその上下開き機能に加えて左右開きもできるようになっているのです。
わくわくゲートと呼ぶようですが、テールゲートの右から1/3の位置にヒンジを付け、その左側を左右開きの形で開閉することができるようになっています。
よくある観音開きの逆バージョンといった方がわかりやすいかと思います。
そしてそれだけでなく、今までと同じようにリヤバンパーのすぐ上から大きく上にリヤゲートを開くこともできるというのです。
非常にユニークな構造を持っています。

ホンダは昔から他の自動車メーカーがやりそうでやらないことを
実現することが多いところなのですが、たいがいの場合一時の物珍しさで終わってしまうことが多くなっています。
しかし、このわくわくゲートは結構使えるのではないでしょうか。
それから大きく変わったのはエンジンです。
中型ミニバンと言えば、2リッターのNAエンジンを使うのが定番となっていますが、新しいステップワゴンでは、ダウンサイジングターボということで1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンを採用し、パワーは200ps程度のものとなるようです。
200psといえばトヨタのスポーツモデルの86と同じ、スポーツモデルと同じパワーを持つミニバンとは何かワクワクしてきます。
燃費清野は20km/L前後とされていますが、そろそろ燃費性能云々というのも時代遅れのような気がしますが、一番生活に密着した車ですのでそういったことも重要なのかもしれません。
噂によれば2リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルも出るそうなのですが、それはだいぶ遅れて発売されるようです。

ディーゼルだけ!?マツダCX3がファミリーカーに革命を起こす。



マツダから新しいモデルが発売されました。

その名はCX-3、お察しの通りCX-5の弟分的な車でCX-5が中型クロスオーバーSUVとしたらCX-3は小型クロスオーバーSUVということになります。
この車は先だって発売されたデミオをベースにして作られたモデルで一言でいえばデミオのクロスオーバーSUVバージョンです。

デミオが発売された時にもガソリンエンジンと同時にクリーンディーゼルエンジンが採用され、話題となりましたが、今回のCX-3は驚くことにクリーンディーゼルだけのラインナップとなっています。
マツダはここ数年、積極的にクリーンディーゼルを採用することが多くなってきており、このモデル以外にも先ほどのデミオやアクセラ、アテンザ、そしてCX-5など主力モデルすべてにクリーンディーゼルエンジンモデルを用意しているのですが、クリーンディーゼルエンジンだけというのはこのCX-3がここ最近の中では初めてとなります。
マツダはもともとヨーロッパ市場を大事にしている自動車メーカーで、日本よりも緩いヨーロッパのディーゼルエンジン規制によって、ディーゼルエンジンモデルがよく売れているということに対応するためにディーゼルエンジンモデルをたくさん作っているのです。rh93wt03
それをそっくりそのまま日本で売っているということがマツダにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルが多い理由。

しかし、日本ではいまだにディーゼルエンジンは敬遠されがちでそれがたとえクリーンディーゼルエンジンだとしても同じこと。
マツダがとったこのディーゼルエンジンだけという販売戦略は果たして吉と出るか凶と出るか興味がわくところです。
日本は空前のクロスオーバーSUVブームということでCX-3を好む傾向にはありますが、そのときにディーゼルエンジンだけということになった時にどういった反応が出るのかというのが勝負の分かれ目だと思います。
もしかしたら初めてのマイナーチェンジのときにガソリンエンジンモデルが追加されるということになり得るかもしれません。
日本人はどうしてもディーゼルエンジン=トラックのエンジンというイメージが強いため、乗用車を買う時にディーゼルエンジンというのもやはり抵抗があると思います。
それとマツダが好きで好きでたまらない方には関係ないことなのかもしれませんが、どの車も同じような顔つきというものなかなか馴染めないではないのでしょうか。
現段階でもアテンザ、アクセラ、デミオ、CX-5、そしてCX-3と5車種がほぼ全く同じデザインというのもなかなか国産車ではお目にかかれないものです。
どうやら最近のマツダはいろいろなことにチャレンジしているようです。

ファミリーカーとしてはどうか?

h4whgw
ファミリーカーとしては、十分使えるSUVといえます。
サイズもちょうどよく、アウトドアで使うには取り回しがすごくよくディーゼル⇒軽油ということで環境にもお財布にも◎。

CX5よりもコンパクトに仕上がっているので収納が少ないのはネックですが、それほど大荷物でなければ十分と言える収納です。
後部座席は空間も十分で見た目よりも広々している印象で子供を乗せても窮屈には感じない。

CX3の最大の魅力であるディーゼルと利点を最大限生かせるのが、ファミリーカーという使い方ではないだろうか。
ぜひこれからファミリーカーを購入する人には検討に入れてほしい1台ですね。

「ジェイド」ホンダから新しいミニバン登場!ファミリーカーとしても使える!?

ホンダの大型低ルーフミニバンである旧型オデッセイの取り回しが悪いという欠点を補うために作られたストリームですが、あまりパッとした人気が出ないままつい最近生産終了してしまったのですが、実は後継モデルが開発されていました。
その車の名はジェイド、すでに中国などでは販売されているのですが、どうやらそれを日本仕様に作り替えたものが2014年の年末あたりに発売されるようです。
ボディ形状は先代ストリーム同様の低ルーフスタイルのもの採用し、全長こそ5ナンバーサイズですが、全幅が広がる予想で3ナンバーモデルとなるようです。
エンジンはホンダが新しく開発した200psの1.5リッターVTECターボエンジンで、2リッターNAエンジンのダウンサイジングターボエンジンとして採用されます。
それからハイブリッドモデルも用意されるようで2リッターNAエンジンにハイブリッドシステムが採用されるらしいです。
キャビンの中にはストリーム同様に3列シートが設置され、2+3+2の7人乗りとなりますが、サードシートは相変わらずチープなものになるようです。ですから、6人家族となると子供が小さくない限りは窮屈になるかと思われます。
実際ファミリーカーとして使えるかというと、4人家族であれば問題なく使えそうですし、荷室も広くキャンプなどのアウトドアにもしっかり活躍してくれそう!