デリカD:5はパワフルで家族でアウトドアには最適!


三菱が発売する大型ミニバンがこのデリカD:5なのですがこの車はただのミニバンではありません。
三菱が得意とする電子制御式のフルタイム4WDにラダーフレーム構造を持つボディを持ったこの車は国産車でも数少ない本格的なSUVとしても存在しているのです。
間違ってはいけないのがクロスオーバーSUVではなく、SUVです。
SUVの条件であるラダーフレーム、悪路走破性、たくさんの荷物が積めるというすべてモノを兼ね備えたのがこのデリカD:5で、同じ大型ミニバンでもエルグランドやアルファードでは到底走ることができないところでもこのデリカD:5は軽々と走ってしまうのです。
ですから、この車を買う時はローデストというオンロードに絞ったモデルではなく、ロードクリアランスをたっぷりと取った標準モデルを選ぶのが正しい買い方となります。
更におすすめなのが日本人があまり好まないディーゼルエンジン搭載車です。
このディーゼルエンジンは昔ながらのうるさくて臭くてというものではなく、今流行りのクリーンディーゼルでガソリンエンジン同様の運転をすることができ、更にディーゼルエンジンならではの低回転トルクや燃料代が安く済むなどのメリットもあるので、この車を買おうと思っている方はとりあえず候補に入れておいてください。

ギャラン・フォルティスという選択肢

三菱の中で4人ぐらいのファミリーにちょうど良い大衆的なファミリーセダンとなるのがギャラン・フォルティスです。
スポーツモデルであるランサーエボリューションXに似たようなデザインが特徴ですが、この部分に関して少し誤解があるようです。
誰が書いたか知りませんがウィキペディアにランサーエボリューションXはギャラン・フォルティスがベースになっていると書いてありますが、これは全くの嘘で逆にランサーエボリューションXの廉価的なモデルがこのギャラン・フォルティスなのです

この車は2リッターNAと2リッターターボ、そして1.8リッターNAという3つのエンジンバリエーションを持っており、使い方によって選ぶことができるのですが、4人や5人で乗ることが多い場合は迷わず2リッターターボエンジンモデルの「ラリーアート」グレードを選ぶことをお勧めします。

このグレードはファミリーカーでありながらスポーツ走行も若干楽しめるようなつくりになっており、ランサーエボリューションXとまではいきませんが240psのパワーは余裕の走りを生み出します。
高速道路や峠道をよく走る方にはピッタリなファミリーカーではないかと思われます。

RVRで家族でアウトドアへGO!!

三菱の小型クロスオーバーSUVであるRVRもレジャー好きのファミリーにちょうど良い車だと思います。
エンジンは1.8リッターNAエンジンで16.6km/Lという燃費性能と139psという動力性能を持ち、三菱お得意の4WDシステムも低価格車にありがちな生活四駆ではなく、FF・4WDオート・4WDロックという三つモードをボタン一つで選ぶことができる、オフロード走行も十分対応できる本格的な4WDシステムを持っています。

キャビンもこのクラスの車としては広めのものとなっており、さすがにフル定員の5人は少し窮屈ですが、大人2人子供2人程度の家族であれば、特にきつくはないと思います。
更にクロスオーバーSUVならでは積載能力も特筆すべき点で、リヤシートがそのままでもかなりの荷物を積むことができるので、釣りやキャンプ、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツなどにも十分対応できます。

全幅こそ3ナンバー枠のものとなっていますが、全長は短く取り回しも楽なので、普段は奥様用の車としても使うことができ、結構出番は多いかと思われます。

デリカD:5はアウトドアにも使えるファミリーカー

デリカD:5は三菱の中大型ミニバンで、おじいちゃんおばあちゃんから小さな子供までの大人数のファミリーでも余裕で乗せることができる車ですが、他の中型・大型ミニバンとは違って単なるミニバンではありません。

10402027_201406a

この車は優れて4WDシステムとラダーフレーム構造を持つ本格的なSUVとして使うこともできるのです。
ここ最近あちこちの自動車メーカーからクロスオーバーSUVが続々と発売されていますが、デリカD:5はそのような軟弱な車ではなく、SUVなのです。
家族全員を乗せて安全に雪道を走ることもできますし、キャンプ場近くの山道や海岸沿いの砂浜などもいとも簡単に走ることができるのです。

この車はどちらかといったら家族ぐるみでアウトドアスポーツを楽しむ方に向いている車で、優れた悪路走破性を発揮する場面に最適なファミリーカーです。
この車には2.4リッターのガソリンエンジンモデルのほかに最近話題となっているクリーンディーゼルターボエンジンモデルもあるので、燃料費を抑えながらアウトドアスポーツを楽しみたいと思っている方に最適かと思います。