新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?

10202508_201602

現代は車の生活が当たり前になり、車はなくてはならないものになりました。また、エコな車が流行しており、中でもハイブリットはその燃費の高さからとても人気があり、今後発売する車はハイブリットが主流になることでしょう。

そこで、ホンダから新たなハイブリットカーが発売されました。
「新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?」の続きを読む…

ホンダ「シャトル」の評判は?ファミリーでの使いやすさ、燃費はピカイチ!

fno34ntp352y
最近は、エコカーが注目され、特にハイブリットカーはユーザーがとても注目するところです。ハイブリットカーは、セダンタイプの車両に多くて、ワゴンタイプでハイブリットカーというのはなかなか車種がありませんでしたが、ワゴンタイプのハイブリットカーをラインナップする注目の新型車が発売されています。それは、ホンダのシャトルで、その性能や装備などに関しては目を見張るものがあります。

なんといっても燃費がいい。

ホンダシャトルの特徴は、何といってもハイブリットモデルの存在です。
シャトルのラインアップとしては、ハイブリッド車として、1.5リッターのエンジンに7速オートマ
チックを搭載した「ハイブリッド」、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」とガソリン車として、1. 5リットルの無段変速オートマチックを組み合わせる「G」がラインナップしています。
ハイブリッド車はクラストップとなる34.0km/L(JC08モード)という燃費性能を記録しています。
30km/Lを超える燃費性能は驚異的で、ワゴン車でこれだけの燃費性能を有していれば、遠くへ出かける際にも頻繁な給油が必要なくまたガソリン代の節約に貢献してくれることは間違いありません。
優れた燃費性能を達成。
そして、燃費性能にこだわりながらも、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて 4WD仕様を設定している点も驚くところです。悪路が多いところや雪が多い地域などでは4WDは必需品ですが、4WD車は燃費が悪いのが唯一の弱点でしたが、シャトルでは4WD車でも低燃費を記録しているので、これまで4WD車で低燃費な車を欲していた地域における新しい需要を開拓する可能性があります。

デザインは意外と良い!!

プリント
シャトルに関して、まず外観のデザインは、フロントマスクがとても引き締まっていてかっこいい印 象をうけます。また、車自体は全体的に流線型で、ワゴン車と言えば少し四角い独特の形をしています が、シャトルはワゴン車ということを感じさせない美しいフォルムをしています。
室内に関してもまず、運転席の質感が上質です。エンジンをスタートさせた際のスピードメータあ たりの各パネルが点灯する演出や、メーター周りのデザインも近未来的でとてもオシャレです。また、 ハイブリットモデルであれば、タコメーターがないので、メーター周りがとてもすっきりしたデザイン で見やすいのが特徴です。
また、シフトノブのデザインもとても個性的で、小型のシフトノブは以外に操作性が良いのと、そのシャープなデザインがハイブリットモデルにはとてもマッチしています。
シートも若干バケットシートのようなつくりになっていて、体全体を包み込むような形になっているので、運転しやすい設計となっています。座り心地もクッション性が良くて、長時間のドライブでも疲れ知らずで運転できます。

価格は169万円から~

プリント
ホンダシャトルの価格に関しては、ガソリン車のGグレードの169万円台の最安価格から、ハイブリットの254万円までの価格がラインナップされていますが、車両本体価格がハイブリットの最上級モデルでも250万円台というのはとてもお得感があります。

ハイブリット車はバッテリーが高くつくため、ガソリン車よりも50万円ほど高く設定されますが、
ハイブリットモデルでも、シャトルであれば、300万円を切る価格でも購入できますから、ミニバンのハイブリットモデルがとても高くて購入できないといったユーザーにも購買意欲を駆り立てる車だといえます。

ハイブリットカーは欲しいけれど使い勝手がいまいちで、ミニバンのハイブリットタイプは高すぎるといった悩みを抱えている人には特におすすめできる車です。この車であれば、低燃費なので遠出も気兼ねなくできること間違いありません。

新型ハリアーの実力。ファミリーにうれしい居住スペース向上!

ダウンサイズ化でも室内広々!?

rn3it34

トヨタハリアーを選択する意味はハイクオリティーなSUV車を所有することであるとされており、内外装に亘る質感の高さや動力性能に優れたエンジンに感動する報告が多数寄せられております。現在販売されているトヨタハリアーは3代目となるのですが、前モデルと比較した場合にボディサイズがダウンサイズ化されているにもかかわらず、居住スペースが向上している点に高い評価を得ております。具体的な数値としましては後席におけるスペースが47mm広くなっておりますので、後席に乗り込むとかなり実感できるとされております。

さらに外観における評価なのですが、ダイナミックとスタイリッシュをうまく融合させたデザインに人気があり、概ね良好な評価となっております。また内装面における特徴としましてはダッシュボード部分などの質感の高さに感動する声が多く、その理由として本革風の処理がなされていることが挙げられております。またインパネ部分における評価も秀逸とされており、オプティトロンメーターの視認性の良さは安全運転に繋がるばかりか、運転する楽しさをも増幅するとされております。

進化した?パワー十分のエンジン

3代目トヨタハリアーには、2リッターガソリン車と2.5リッターエンジンプラスハイブリッドシステム搭載車が用意されております。まず2リッターガソリン車なのですが、基本的な動力性能としましては151馬力であり、JCO8モード燃費がFF車でリッター16キロおよび4WDタイプで14.8キロから15.2キロとなっております。そしてこの動力における評価なのですが、車格からすると上り坂における動力性能に若干の不満が残るものの、パワーモードが用意されておりますので積極的な活用により快適なドライブフィーリングを得ることが可能とされております。このパワーモードとはCVTにおける変速制御のタイミングを変更するものであり、加速感に優れたアクセルフィーリングを楽しむことができるように設定されているものであります。

逆に燃費重視の運転を心がける場合にはエコモードが用意されており、緩やかな加速となるように設定することが可能となっておりますので、自分の運転ポリシーにフィットさせたモードを選択することが推奨されております。それから2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッドモデルの動力性能評価なのですが、こちらはエンジンとモーターのコンビネーションにより得られるパワーが197馬力となっておりますので、上り坂に関しても不満の無いレベルであるとされております。しかもエンジンとモーターのコンビネーション性能自体が格段に進化しており、コーナーリングからの立ち上がり時において絶妙な動力性能を体感することになるとされております。

安心のブレーキシステム搭載

トヨタハリアーには衝突事故を回避するために様々なブレーキシステムが搭載されており、その高い性能に注目を集めております。プリクラッシュセーフティシステムの搭載により、運転時の危険回避を補助する高い機能を有していることになります。さらにインテリジェントクリアランスソナー、レーンディパーチャーアラートがステアリング制御付きで搭載されており、この機能を有していることによりまして車線の逸脱をオートマチックにコントロールすることが可能となっております。

もちろん全ての場面におきましてコントロールが可能ということではないのですが、運転者の不意なミスをカバーする機能としては大きな意味を持っていると考えられており、確実に事故の軽減につながるとされております。そしてこのトヨタハリアーにおけるベストチョイスとしましては、グレードとしてエレガンスが推奨されており、その理由としては基本性能と価格面のバランスが最もとれている点が挙げられております。

トヨタ エスクァイアの評判は?燃費がかなりいい??

ヴォクシー以上アルファード未満

b4i5to54
トヨタ店・トヨペットから新発売されたミニバンエスクァイア
最近ではVOXIを抜いてミニバンの中で一番売れ行きだそうです。

VOXIの姉妹車と言われています。2014年10月~11月に登場します。
エスクァイアの語源はラテン語で盾持ちという意味です。かっこいいですね!一時はエスティマを廃止し、後継者になると言われていましたがその可能性はなさそうです。
基本的にはノア、ヴォクシーをベースにクラウンマジェスタの高級感を盛り込んだ形になります。高級路線の使用になります。最近ではちょっと贅沢思考がはやっていますのでそんな時代の要望に答えたかの車です。
押し出しの強い大型めっきグリルとめっきの再度モールが加わったエクスクァイヤ。
ヴォクシーとはかなり雰囲気が異なります。内装も上級用本革を連想させる合皮シート。これでワンランク上の高級感を味わえます。これならアルファードと並んでも引けをとらないかもしれません。

室内は基本的にヴォクシーと同じ

エスクァイヤの使い勝手ですが超激戦区の5ナンバーサイズのミニバンでほかのメーカーのライバルしのぎを削ってきたヴォクシーやノアと基本は一緒です。扱いやすく便利で豪華な今の時代にあった車です。
実際の使い心地はどうなのでしょう。まずスライドドアを開いたときの開口口が広いです。
床が低いので小さい子供もひょいっと乗れてしまいます。高齢者の方でも簡単に乗れてしまいそうな高さです。また天井が非常に高いのです。室内の高さは1400mmとミニバンでno1です。
出かけたときに室内で着替えたり出来そうです。前の席には収納スペースもとても多く助かります。

またシートヒータもついているので寒い日はうれしいですね。高級感をポイントにするエクスクァイヤですが、運転席の機能もドライバー目線の使い勝手のよさが徹底的に追及されています。
視界も広びろとしていて上面がフラットなデザインになっています。また、エクスクァイヤでは、
メーター照度コントロール付でメーターが昼間でも見やすいです。

かっこそよさはピカイチ

かなりかっこいいです。5ナンバーサイズでは間違いなくナンバーワンのかっこよさです。
室内空間ですが低床化されていて乗降の負担を極限まで減らしています。そして後部座席ですが2列目シートのスライド量は81センチもあります。
これは本当にトヨタミニバンのいいところだと思います。
7人乗りでも4人で乗ることが多い、そんなときに後部席には最上級のくつろぎになりますね。
本当にすばらしいと思います。

最後は本当に大事な燃費の問題です。新型エスクァイヤのコンセプトは
高級なミニバンと思っていました。内装や装備ですが、後列目2列目のシートが横にスライドできちゃいます。ノアでも採用されている2列目のシート810mmは受け継がれています。
内装はめっきもーつやピアノブラックソフトパットなどが装備され上質な雰囲気になります。
LEDヘットライト、オートライト、オプティトロンメーター、本革ステアリング

左側パワースライドドア、リアクーラーはなんと標準でついてきますので
これならノアやヴォクシーより10万以上しても元はとれそうですね。
外観はノアにそっくりです。後ろから見るとぜんぜん分かりません。

高級志向というよりはいまのじだいにあったコストパフォーマンスがNO1だと思います。
エスクワイアの予約はスタートしていますが売れ行きはいいようです。
それにしても今買うなら絶対にハイブリットのほうを買ったほうがいいと思います。

燃費は23km!?

燃費がぜんぜん違います。エスクワイヤのハイブリット版の燃費はなんと、23.8km/ℓ
です。ミニバンと比較してもダントツで優秀です。
実用性コストパフォーマンスを重視されるならこの車はおすすめです。


新型アルファードの評価ってどうなの?

今年のはじめに売りだされたトヨタの新型アルファードの売れ行きは、とても良くて快進撃を続けています。
最高級グレードだと500万円オーバーにもかかわらず調子がいようです。

新型アルファードの特徴はなんと言っても、走る快適性を限り無く追求している点です。
ただ走るだけでなく静かな走行で、ストレスが溜まるどころか走る楽しみを覚えてしまいそうな車です。
そこにはドライバーの安心安全せいを高めてくれる機能が盛りだくさんです。

画期的なドライブアシスト

駐車場で車を停める時は、慣れている人であっても大変名場所があります。
駐車スペースが狭い場所や車と車の間に停めることに苦労することが少なくありません。
アルファードのドライブアシスト機能を使うと、バックモニターに写しだされる映像を車自体がセンサーで自動判断して駐車してくれるのです。
これだと大型車の運転に慣れていない女性の人でも楽に操作できます。
また、車の周りには見えない障害物があり運転に困る場合かありますが、モニターに写しだされる外の映像はドアやボディを透かしたような透過的な映像なので、これも狭い所で動かすには心強い機能です。
また、お買い物の荷物で両手が塞がっていてもドアの開閉が自動で行われる昨日もあり、ドライバーの負担を一切かけない点も心憎い機能かもしれません。
走行性については、先述の通りの素晴らしさですが、SUPER CVTで身体に負担をかけない加速性を実現していますし、エコにも配慮がなされ、このクラスの排気量では考えられないほどの燃費も実現しています。
ハイブリットタイプなくても10kmをオーバーしているので画期的ではないでしょうか。
CVTのみおかけで快適な加速性を感じることができると当時に、高燃費を可能にしている所が他車の追随を許さない所以でしょう

一方、中の居住性はどうでしょうか。

まさにエグゼクティブクラスの快適性、居住性と言ってもかこんではありません。
従来車よりかなり向上しており座り心地がいいたげではありません。
包まこれるようなバケットシート的なカンジの中にも高級者ならではの沈み込むような感覚に陥ることでしょう。
そんなシートはまるで、飛行機のファーストクラスを想像されるのではないでしょうか。
シートアレンジの申し分なく、フルフラットは当然ながら移動す豪華なキャビンを連想させてくれるはずです。
走る楽しみと居住性を楽しむことができる最強のみにばんとしての言えるでしょう。
新型アルファードは発売と同時に予約が殺到しており、オーダー後三ヶ月程度はかかるのが実情です。
最高級クラスになると700万円になるのですが、人気が集中しています。
驚くことは旧アルファードのオーナーが購入するケースも少なくないことだとか。
矢張りアルファードの良さを身体で分かっていらっしゃるオーナーばかりなのでしょうね。
街の中にあるトヨタの販売店でもアルファードの試乗体験のコーナーが大々的にPRされていますが、見る度に試乗で車が出て行っている感じです。

気になる納期、値引きは?

納期については2015年7月現在では、およそ6か月待ちとのこと・・・
ですから今注文すればギリギリ年内納車が出来るかどうかきわどいところですね。

値引き額はまだ発売されて日が浅いですし、売れ行きがいいのでディーラー側は強気でせめて来ます。
ですから、過度の期待は禁物です。うまくオプションを加えて、値引きを引き出すのがポイント。

新型アルファードの売れ行きにディーラーは困っている

先日、近くのトヨタ販売店に行くと知り合いの営業マンが言っていました。
「他の車も紹介したいんですが、今は試乗も商談もアルファードばかりで、ありがたくも困ってます。」
と苦笑していました。
お店の中に座っているとおとずれるお客さんは或るばかり見て触っています。

若い奥様方も
「これだよ!これにしよ!」
と気軽にご主人に言ってる所を。見ると本当にアルファードが男性だけでなく女性にも人気のある車だなと思いました。
走る楽しみだけでなく、車の中での楽しみも見つけることができそうな期待大の車です。
今年の夏休みに向かって、新型アルファードの購入計画をしている近所の人もいるくらいですから。
長く付き合えるミニバンだと思います。

スライドドアでおすすめなファミリーカー

スライドドアの車って最近多いです。特に子供がいるご家庭やおじいちゃんと緒番ちゃんが一緒に住んでいるご家庭の場合はスライドドアを選ぶということも多いと聞きます。
スライドドアだと開け閉めする時に子供を抱っこしていても行いやすいですし、沢山荷物があっても車の中にのせやすいです。チャイルドシートを乗せるときもとても便利とされています。

ただ、スライドドアでも電動でない場合は扉がとっても重たくて、開けにくいので電動タイプを選ぶのが良いでしょう。

ファミリーにおすすめなスライドドアの車、1つ目はマツダのPREMACYです。


車内の空間がとっても広々としていて、スライドドアだから雨のときの乗り降りもぬれずに快適に行えます。収納スペースがしっかりある設計なので、お酒や日用品等をまとめ買いしても安心です。

もちろんPREMACYは電動スライドドアです。リモコンかパネル、またはドアを軽く触ればカンタンに開きます。安全装置として自動反転機構が備わっているので挟み込みの心配もなく安心です。こどもが誤操作させないようにマツダが考えた技術もこの車には使われているので、小さなお子様がいるご家庭におすすめの車種です。

おしゃれな形とカラーで人気のトヨタのSIENTAです。


シエンタは四角いフォルムと目をひきつけるような色使いの車種です。タイヤにもこだわりを出している車でス。スライドドアで、座席もとってもゆったりしているので、どの場所に乗っても窮屈感がありません。
座席を動かす時も片手でスムーズに動かせるので乗り降りがとっても楽です。
高さのある車なので、少し背の高い荷物でも運ぶことができます。最大7人乗れますが必要のない座席があれば折り畳みが可能です。そうすることで後ろにさらに荷物を置くスペースができます。シートを折りたたんでスペースを広くすれば2人がけのソファーだって置けちゃうという広さになります。くつろげるスペースが作れる車なので、長時間のお出かけにも最適です。低燃費の車で小回りもよくききます。
子育てママにぴったりな車として、トヨタも一押ししている車種なので、小さなお子様のいるご家庭は一度チェックしてみてください。

最後はダイハツのタントです。


タントはミラクルオープンドアと両側スライドドアという他のメーカーにはないドアを採用しています。
ミラクルオープンドアは助手席側の扉を大きく開くことができるように作られていて、これにスライドドアがついてさらに扉を開ける長さが増えています。運転席側からも開けることができるので便利です。ベビーカーにチャイルドシートをそのままのせられるくらい広く扉が開きます。3段のカラーボックスや自転車だって乗せられるくらいの広さなので、大きな荷物があるときも配達依頼しなくても持って帰れます。

また途中まで送ってあげてそこから自転車で・・なんていう使い方もできちゃうのです。
ミラクルオープンドアの良いところは、助手席と後方席への移動がスムーズにできるというところにもあります。助手席のドアを開けなくても移動ができるので便利です。
足や腰に負担がかからないように乗り降りできるのもこの車の特徴です。
体をかがませないで乗り降りできるのでおじいちゃんやおばあちゃんとのお出かけももっと楽しめます。
車椅子も乗せることができますので体の不自由な人も安心して使える車です。
大きな扉の良いところは、傘をさしたままで乗り降りできるというところもあげられます。
雨の日は車を乗るときにびしょぬれということもありますが、この車ならその心配もないので嬉しいですね。

どの車も、それぞれ電動のスライドドアですがそれ以外の特徴もあるので全て比較して
一番乗り心地の良いものを選んでみてください。

新しい中型ミニバンの形「新型ステップワゴン」

中型ミニバンといえば日本では完全ファミリータイプのミニバンとして大人気となっています。
自動車メーカー各社もこのクラスのミニバンにかなり力を入れているようですが、現在少し遅れ気味なのがホンダのステップワゴンで、人気も販売台数も日産セレナやトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟よりも落ち込んでいる状態となっています。

その状況を打破するためにホンダはステップワゴンのフルモデルチェンジ。
2015年4月に発売されて基本的には現行モデルと同じようなものですが、大きく変わる部分もあるようです。
その一つがリヤゲート、中型ミニバンのリヤゲートというのはワンボックスカー時代からずっと使い続けている上下開きのものですが、今度のステップワゴンにはその上下開き機能に加えて左右開きもできるようになっているのです。
わくわくゲートと呼ぶようですが、テールゲートの右から1/3の位置にヒンジを付け、その左側を左右開きの形で開閉することができるようになっています。
よくある観音開きの逆バージョンといった方がわかりやすいかと思います。
そしてそれだけでなく、今までと同じようにリヤバンパーのすぐ上から大きく上にリヤゲートを開くこともできるというのです。
非常にユニークな構造を持っています。

ホンダは昔から他の自動車メーカーがやりそうでやらないことを
実現することが多いところなのですが、たいがいの場合一時の物珍しさで終わってしまうことが多くなっています。
しかし、このわくわくゲートは結構使えるのではないでしょうか。
それから大きく変わったのはエンジンです。
中型ミニバンと言えば、2リッターのNAエンジンを使うのが定番となっていますが、新しいステップワゴンでは、ダウンサイジングターボということで1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンを採用し、パワーは200ps程度のものとなるようです。
200psといえばトヨタのスポーツモデルの86と同じ、スポーツモデルと同じパワーを持つミニバンとは何かワクワクしてきます。
燃費清野は20km/L前後とされていますが、そろそろ燃費性能云々というのも時代遅れのような気がしますが、一番生活に密着した車ですのでそういったことも重要なのかもしれません。
噂によれば2リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルも出るそうなのですが、それはだいぶ遅れて発売されるようです。

ママさんの味方!ムーヴが人気すぎる。やっぱりダイハツはすごい!


軽自動車販売においてはやはり相変わらず強いのはダイハツです。
ダイハツには最近フルモデルチェンジしたばかりのムーヴとママさん車として大人気のタントがあり、この2モデルの売り上げがかなり好調であることから自動車メーカー別の売り上げランキングではずっとナンバーワンとなっているのです。
もちろんファミリーユーザーにも絶大な人気を博しており、パパさんでもかっこよく乗れるムーブカスタムも人気。

ここ最近はホンダのN-BOXシリーズやスズキのハスラーなどがよく売れているのですが、2つの大ヒットモデルを持つダイハツにはかなわないようです。
ムーヴの人気の秘密は燃費競争を降りたこと、実際にはスズキのワゴンRに搭載されているS-エネチャージに対抗できすすべを持っていなかったことから、燃費で競うことができなくなったというものなのですが、それがここ最近の燃費だけの車作りばかりをされてきた軽自動車界において、違った方向性を持つ車として見られるようになったのです。
その方向性というのが、走りを追求し始めたこと、今までは何はなくとも燃費の向上であって、燃費のためならボディ剛性の悪化やパワーダウン、走行暗転性の低下、居住性の悪化などは何とも思っていなかったダイハツですが、それを追求しつつ燃費で究極を求めるのではなく、そこに車としての本来の性能である走行性能の向上を考えるようになったのです。
ボディは丈夫になり、サスペンションも今までのような乗り心地だけのものではなくなったのです。
こういった車が今売れているということは軽自動車の需要が変わってきているということです。
燃費だけだったらきっとワゴンRを選ぶでしょう。

それでもムーブが選ばれるワケ

しかし、あえてムーヴを選ぶということはそういった傾向が出てきたといってもいいのではないでしょうか。

ダイハツにはほかにコペンシリーズという軽スポーツモデルが存在することから、ダイハツにとっては大きな転機が音連れ他ということになったのだと思います。
一方タントですが、これは女性ドライバー、特に子育て中の主婦層が軽自動車をよく使うようになったことからもてはやされているのですが、この需要はしばらくの間は安泰だと思います。
現行型タントの性能を持っていれば、変な話モデルチェンジを行わなくても売れ行きはいいはずです。
女性ドライバーは走行性能などは全く気にせず、ひたすら見た目のデザインや室内の使いやすさ、何よりも一番大きいのは、同じような主婦層がタントにたくさん乗っているという、いわゆる人と同じでないと安心できないという女性ならではの考え方が大きく作用しているのです。
この2台が売れている限りはダイハツの経営は安心でしょう。

「ジェイド」ホンダから新しいミニバン登場!ファミリーカーとしても使える!?

ホンダの大型低ルーフミニバンである旧型オデッセイの取り回しが悪いという欠点を補うために作られたストリームですが、あまりパッとした人気が出ないままつい最近生産終了してしまったのですが、実は後継モデルが開発されていました。
その車の名はジェイド、すでに中国などでは販売されているのですが、どうやらそれを日本仕様に作り替えたものが2014年の年末あたりに発売されるようです。
ボディ形状は先代ストリーム同様の低ルーフスタイルのもの採用し、全長こそ5ナンバーサイズですが、全幅が広がる予想で3ナンバーモデルとなるようです。
エンジンはホンダが新しく開発した200psの1.5リッターVTECターボエンジンで、2リッターNAエンジンのダウンサイジングターボエンジンとして採用されます。
それからハイブリッドモデルも用意されるようで2リッターNAエンジンにハイブリッドシステムが採用されるらしいです。
キャビンの中にはストリーム同様に3列シートが設置され、2+3+2の7人乗りとなりますが、サードシートは相変わらずチープなものになるようです。ですから、6人家族となると子供が小さくない限りは窮屈になるかと思われます。
実際ファミリーカーとして使えるかというと、4人家族であれば問題なく使えそうですし、荷室も広くキャンプなどのアウトドアにもしっかり活躍してくれそう!

デリカD:5はパワフルで家族でアウトドアには最適!


三菱が発売する大型ミニバンがこのデリカD:5なのですがこの車はただのミニバンではありません。
三菱が得意とする電子制御式のフルタイム4WDにラダーフレーム構造を持つボディを持ったこの車は国産車でも数少ない本格的なSUVとしても存在しているのです。
間違ってはいけないのがクロスオーバーSUVではなく、SUVです。
SUVの条件であるラダーフレーム、悪路走破性、たくさんの荷物が積めるというすべてモノを兼ね備えたのがこのデリカD:5で、同じ大型ミニバンでもエルグランドやアルファードでは到底走ることができないところでもこのデリカD:5は軽々と走ってしまうのです。
ですから、この車を買う時はローデストというオンロードに絞ったモデルではなく、ロードクリアランスをたっぷりと取った標準モデルを選ぶのが正しい買い方となります。
更におすすめなのが日本人があまり好まないディーゼルエンジン搭載車です。
このディーゼルエンジンは昔ながらのうるさくて臭くてというものではなく、今流行りのクリーンディーゼルでガソリンエンジン同様の運転をすることができ、更にディーゼルエンジンならではの低回転トルクや燃料代が安く済むなどのメリットもあるので、この車を買おうと思っている方はとりあえず候補に入れておいてください。