日産エルグランドがファミリーカーに選ばれる6つの理由

ng4oi5
家族で乗る車を買いたい、けどたくさんありすぎて迷っている…という方にぜひ一度検討していただきたいのが日産のエルグランドです。
エルグランドがファミリーカーに選ばれている6つのポイントをシーン別に紹介します。

1:赤ちゃんを載せてお出かけ

奥さんの妊娠をきっかけに、出産後の生活を考えて車を買い換えるという方も多いのではないでしょうか。
そんな赤ちゃんが産まれるご家庭や、すでに赤ちゃんのいるご家庭にもエルグランドはオススメです。
まず、赤ちゃんの移動に欠かせないのがベビーカーです。
新生児から乗れるベビーカーは思ったより大きくかさばるうえ、赤ちゃんを乗せるチャイルドシートを取り付けると車内はとても狭くなってしまいます。
エルグランドなら、車内が広いのでチャイルドシートがついていても楽にベビーカーを乗せるスペースがあります。
さらに、赤ちゃんとのお出かけのときに困りがちなのがオムツ替えや授乳をする場所が意外と少ないことです。
車内が広いと、車内でオムツ替えや授乳がスムーズにできるのでお出かけ前にオムツ替えや授乳できる場所を探さなくてもよいのが嬉しいポイントです。
赤ちゃんが少し大きくなると、チャイルドシートから抱っこ紐への乗せかえをすることも多くなってきますが、車内が広いエルグランドなら余裕を持って乗せかえることができます。

2:小さなお子さんを連れてのお買い物

お買い物は主婦にとってなかなかの重労働です。
とくに小さなお子さんを連れてのお買い物に苦戦しているお母さんも多いと思います。
一番大変なのは、荷物の積み下ろしをしなくてはいけないことではないでしょうか。
そこで助かるのがスライドドアです。
特にスーパーの狭い駐車スペースでは目を離した隙に子どもが隣の車にドアを当ててしまわないかヒヤヒヤします。
スライドドアならそんな心配も要りませんし、間口が広いので買い物した荷物をどんどん積みこむことができて便利です。
買い物のストレスが一気に減らすことができそうです。

3:家族でのお出かけに

お子さんが小さいうちは、おじいちゃんおばあちゃんも含めて家族で旅行に行く機会も多いのではないでしょうか。
エルグランドなら3列目のシートまで大人が余裕で乗れる広さを確保できます。
さらに運転者に嬉しいのが、人や荷物が沢山乗っていてもアクセルをべた踏みしないと進まない…ということが全くない加速の良さです。
十分な馬力で加速がスムーズなので、高速道路などを長時間運転しても疲れにくいです。
長距離の運転で着いた頃にはヘトヘトで旅行が楽しめないなんて心配も要りません。
家族での楽しい旅行の思い出は一生の思い出になることまちがいなしです。

4:中高生のお子さんの送迎に

中高生になると自転車通学をするようになる子もいます。
朝は自転車で登校したものの、下校時間には大雨…ということも梅雨などには日常茶飯事です。
さらに、部活動で帰宅時間が遅くなる娘さんを迎えに行くということも最近では多いようです。
そんなときに、車に自転車が積めるというのは大きな強みになります。
シートを倒せば自転車も楽に積むことができますよ。

5:ちょっとした引っ越しに

子どもが一人暮らしをするといった引っ越しのシーンでもエルグランドが活躍します。
シートを全てフラットにすれば、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家具家電以外はたいてい運ぶことができます。
服や調理器具などはダンボールに詰めて整頓して詰めば、一人暮らしくらいの荷物なら一度で運ぶことができそうです。
物干し竿など長さのあるものを運べるのも、車内が広いからこそできることだといえます。

7:アウトドアなどのレジャーに

釣りやキャンプなどを楽しみたいご家庭にもエルグランドはおすすめです。
釣り竿やサーフボードなど長さのあるものを乗せることはもちろん、シートをあげればフラットになるのでマットを敷けば車中泊もできてしまいます。
遮音性も優れているので、外の音が気になりにくいのもありがたいですね。

エルグランドのよさはなんといっても「車内の広さ」にあると思います。
大きすぎるのではないかと感じることもあるかもしれませんが、実際に乗ってみると大きすぎると感じるくらいが実はちょうど良い大きさだということがわかりますし、
これからどんどん大きく成長するお子さんをお持ちのご家庭なら、年々そのことが実感できると思います。


小さなセダンファミリーカー「ラティオ」


日産のファミリーカーの中で一番小さな車となるのがこのラティオです。

ラティオはサニーの後継モデルであるティーダの派生モデルとして作られたティーダ・ラティオが独立した形で生まれたもので小型セダンモデルの役目を担っている車です。
小型モデルといっても最近の小型モデルはキャビンもかなり広く、大人4人が乗っても十分ロングドライブを楽しめるようなものとなっており、このラティオも同じように広いキャビンを持っています。
とは言っても5ナンバーサイズのボディを持っているので他の大型セダンのような広さは持っていませんが、大人二人と子供二人ぐらいであればファミリーカーとして使うことができます。

ただ少しエンジンに元気がなく、4人乗って高速道路を走るというのは少し厳しいかもしれませんが、あまり遠くまで出かけないファミリーや夫婦だけのファミリー、子供が一人だけのファミリーであれば問題ないでしょう。
何よりも軽自動車並みの価格で買えることが大きなメリットで、燃費のいいエンジンもあわせてコストをかけないで乗ることができる最小のファミリーカーではないかと思います。
⇒スバルエクシーガも合わせて見てみる

新しいスタイルのファミリーカーe-NV200ワゴン

新しいスタイルのファミリーカーとしてe-NV200ワゴンはどうでしょうか。
e-NV200ワゴンは商用車であるe-NV200のワゴンモデルで、今話題となっているEV、電気自動車です。
電気自動車ですのでガソリンは必要ありませんし、音も静か、排気ガスも全く出さないという最先端の車です。
ボディ自体はNV200バネットとして作られているものと全く同じもので、昔ながらの商用バンベースのワゴンモデルということになるのですが、荷物を積むために作られたボディはワゴンとしても広大なキャビンとし使うことができているのです。
バリエーションも2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りがあるので、子供の多いファミリーやおじいちゃんおばあちゃんなどと一緒に暮らす家族でも充分使うことができます。

ミニバンのように豪華なインテリアやパワースライドドアなどの快適装備はついていませんが、それでもオートエアコンやリヤクーラーなどを標準装備していますし、EVモデル専用のカーナビなども標準装備されているので必要最低限のものはそろっているのです。
それにEVですから最近値上がりが騒がれているガソリン代も全く必要なく、家庭用電源から充電することができるのかなり維持費が安く済むと思います。
ただ、一充電での航続距離が短く、充電スポットもまだまだ少ないので遠出となると少し不安ですが、近場の買い物やレジャーであれば何も問題はないでしょう。
それとサードシートの足元が少し狭いのでサードシートは子供専用にするとか普段はあまりつかないようにするなどの工夫が必要になるでしょう。

ウィングロードは荷室が広くてファミリー向け!

ウィングロードも子供たちが小学生から中学生以上になったら乗れるファミリーカーです。
カテゴリー的にはステーションワゴンということになるのですが、昔ながらのセダンモデルのボディを延長しただけのステーションワゴンではなく、商用バンであるADバンのワゴンモデルですからキャビンの広さは低ルーフミニバン並みのものを持っています。
定員が5名ですので両親と子供3人までということになるのですが、リヤシートはやはり二人掛けの方が快適ですので二人掛けで合計4人までのファミリーということになります。

定員は少ないもののさすが商用車ベースです、リヤラゲッジスペースはミニバン以上のものを持っており、かなりの荷物を載せることができるので家族揃っての旅行などにも対応することができます。
更に定員は減ってしまいますがリヤシートをたたんでリヤラゲッジスペースと連結した状態を作ると最大で168センチまでの長物も積むことができるので、ロッドラックがついていなくても釣りに行くこともできます。
ただ、ベースの商用バンと同じ非力なHR15DE型エンジンを搭載しているので、お世辞にも快適な走行ができるとはいいがたいところがあります。

セレナは定番のファミリーカーミニバンだけど・・・

ミニバンの中で典型的にファミリーカーといえるのが中型ミニバンと呼ばれるものですが、その中でもまさにファミリーカーといっていいのが日産のセレナではないでしょうか。
簡易型ではありますが一応S-HYBRIDというハイブリッドシステムがついており、ガソリンエンジン車よりは燃費が良くなっていますし、最近のモデルでは中型ミニバンで唯一衝突回避システムであるエマージェンシーブレーキが付けられているので安全に家族を運ぶことができるのです。
そしてもう一つファミリーカーらしい装備として8人乗りとしても7人乗りとしても使うことができるというスマートマルチセンターシートが採用されています。

これはセカンドシートの中央部をフロントシートに移動させることができるという機能で、この部分をフロントシートに移動させればセカンドシートは左右独立にシートとなり、逆にセカンドシートに移動させればベンチシートとして使うことができ、小さな子供も安心して座らせることができるのです。

ただ、サードシートはいささかお粗末なつくりとなっており、これは左右に跳ね上げる構造を持っているからなのですが、クッションも薄く少し硬めですので大人が長時間座っているのは厳しいかもしれません。
定員は一応8人乗りとなっているので子供の多いファミリーやおじいちゃんおばあちゃんも一緒に暮らしているファミリーでも対応することができます。

日産セレナで安心快適なファミリーカーライフ

「日産セレナ」はミニバンの中でも室内の広さはトップクラス。
ファミリーカーの大本命といえるでしょう。
12
一見大きく見えるボディサイズですが
横幅は見た目ほど大きくないので狭い道でも意外と扱いやすく
運転しやすいのが魅力のひとつ。
それでも室内は3列目までゆったりしていて、6~7人のドライブでも
快適に過ごせます。

大家族にも嬉しいミニバンです。

おすすめのグレードは「ハイウェイスター」
一番人気のグレードです。
若々しいフォルムで装備が充実しているのが選ばれている理由です。

年配の方にはオートスライドドアなど
装備面がさらに充実している「20X」もおすすめです。

人気の多人数での乗車はもちろん
自転車などの大きな荷物を積む機会が多いユーザーにもピッタリな車です。
アイドリングストップも備わっているので燃費も良いです。
居住性に優れ、実用性の高さから、ミニバンの中でも最も人気のある車種です

3列目のシートでも快適に過ごせるシート。
荷室にアレンジすれば大きな荷物も積めるので幅広く活躍してくれます。
アイドリングストップ装備車には、横滑り防止装置が標準で付いているので安全性も高いです。
ファミリーカーとしてのニーズを満たしてくれます。

日産

魅力的なスポーツワゴン「日産ステージア」

ハイパワーなエンジンでぐいぐい走るイメージの
日産のスポーツワゴン「ステージア」。
1
日産自動車のステージアは1996年に販売がスタートして
ローレルやスカイラインと同様のプラットフォームを採用して
人気を集めてきた車です。

日産ステージアは高速走行での安定した走りや快適な乗り心地
そして回頭性能など高い運動性能を実現した車種として知られていました。

ボディタイプはベーシックなワゴンタイプと
新たに追加されたSUVとのクロスオーバーモデルの合計3タイプのラインナップ。

残念ながら現在は販売中止となっていますが
中古車市場においてはメーカーでの生産が終了した
現在であっても人気を集めているので
ファミリーカーを中古車で検討している人には
候補にいれてみてもいいでしょう。
2
日産自動車のステージアはかつては自動車雑誌などによく掲載されていたものの
ミニバン人気などの時代の流れとともに人気がなくなってしまったのかもしれませんね。