【番外編】メルセデス・ベンツ Vクラスって案外いいですよ・・・

そもそもメルセデスベンツ・Vクラスって?

nfubg4

メルセデスベンツといえば、高級セダンの代名詞ですが、メルセデスベンツには、ミニバンがあるのをご存知でしょうか。
メルセデスベンツには、全長5メールを超えるおおきなボディに、スライドドアや3列シートなど室内空間の快適性をさらに向上させた、メルセデス・ベンツらしいラグジュアリーなインテリアをまとった ミニバンがあります。そのベンツのミニバンが「Vクラス」です。

Vクラスという名前を初めて聞く人もいるでしょうが、ベンツ「Vクラス」の初代は1999年に商用バンからの派生モデルとして誕生しています。フロントマスクは、切れ長のヘッドライトが印象的です。

実は日本のミニバンよりいいかも・・・

ベンツのといえば、どんなシーンでも誰もが快適に使えるということが精神として貫かれています。
Vクラスでは、スライドドアやテールゲートの開口部を大きくしたり、1列目からラゲッジルームまでが、すべてフラットで広いフロアを確保されています。
乗り降りや、荷物の積み下ろしなどでミニバンニは乗りにくさなどがある場合があります、様々なシーンで、 ミニバンとしての使いやすさを追求して作りこまれています。
さらに、おどろきなのは、V 350アンビエンテロング等のラゲッジルームには、車高調整用のスイッ チが装備されています。 車高を調整することが出来るので、車高を下げれば、重い荷物の積み下ろしも 楽に行うことが出来ます。
ミニバンのネックにリアに荷物を積む際の、荷台の高さがありますが、この車であればその問題も一発で解決されてしまいます。
ベンツVクラスで特徴なのは、メルセデス伝統といえる、FRレイアウトを採用していることです。FRという駆動方式は、スポーツカーなどではいまだに採用されていますが、車を走らせるうえでも最も理想的な構造です。FRは、エンジンと前輪の位置が自由に決められるので、前輪の切れ角を充分に確保することができ、小回りの利いた取り回しやすさと安全性が向上します。また、大勢乗っても、たくさんの荷物を積んでも前輪駆動よりも駆動力が路面にしっかりと伝わるので、走行安定性にも優れているといえます。

高級車にいまだにFR方式が多いのはこういったメリットがあるためですが、Vクラスであればミニバンでも車にふさわしい上質な乗り心地が愉しめるといえます。また、後輪までプロペラシャフトが走っているのにもかかわらずフラットな床面を実現していることにベンツの技術力がうかがえます。

値段は意外と安い!

ベンツVクラスには、
・ V350 TREND
・ V350 AMBIENTE
・ V350 AMBIENTE LONG
の3タイプのグレードが用意されています。

新車価格は500万円以上するものもありますが、実は中古がねらい目。
中古車だと年式が3年落ち以内でも300万円台というのがゴロゴロしています。
このサイズでしかもベンツとなれば結構買いでしょうか?

また、人とは違ったミニバンに乗りたいという方にもおススメです。

新車となれば上の3タイプどのタイプでも基本的には十分な装備が装備されているといえます。ですが、V350TRENDには、大きな違いとしてクルーズコントロールがついていないので、長距離ドライブの際には若干使い勝手が悪いという事が生じるかもしれません。
ですが、どのモデルもさすがベンツといった充実の装備と上質なインテリアを備えているので、間違いなく快適な車内環境を提供してくれるといえます。
ミニバンで高級車志向の車といえば、日本車では、アルファード等の一部の車しかありませんが、上質な空間をミニバンの車内でも味わいたいのであれば、Vクラスは当然選択肢に上がることになりま
す。単なるたくさん乗ることが出来る車ではないVクラスはきっと満足するドライブを提供してくれるといえます。

新型ランドクルーザープラドディーゼルの実力!燃費・納期・・・「ファミリーカー番外編」

トヨタのランドクルーザーは長い歴史を有しており、世界における累計販売台数が800万台を突破している人気車種となっております。その魅力としましては、オンロードだけではなくオフロードの走行に関しても走行性能が安定している点とされております。そして2015年の6月に満を持して、新開発となるクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルが2015年6月末に発売。



今回のディーゼルエンジン搭載モデルはトヨタにおきまして8年ぶりの復活ということになり、非常に期待をされております。ちなみに今回新しく搭載されたクリーンディーゼルエンジンは、日本の厳しい排ガス規制をクリアしておりますので、非常に環境に優しい点が評価されております。
もちろんディーゼルエンジンの特性である低回転の粘り強さは健在となりますので、悪路走破性が求められているランドクルーザーとのマッチングは非常に良好であると考えられております。このクリーンディーゼルエンジンのスペックとしましては、直列4気筒の2.8lで最高出力が177馬力を誇っております。

新型ディーゼルエンジンの燃費は?

この最高出力に関して、ガソリンエンジンモデルと比較した場合には大きく劣った数値のように感じるのですが、最大出力を低回転域で得ることが可能となっておりますので、使用するシーンにおきましては非常に優位性があるとされております。そして燃費に関しましてはJCO8モードにおきまして1リッター当たり11.8kmとなっておりますので、車格を考えますと大変低燃費となっております。

もちろんディーゼルエンジンですから燃料は軽油を使用することとなりますので、ランニングコストを抑えることが可能となるのであります。そしてこちらの新型ランドクルーザーを新車購入する際には補助金の対象となっており、クリーンエネルギー自動車補助金を活用することでお得に購入することができます。さらにエコカー減税の対象車にもなっておりますので、環境に優しいだけではなくお財布にも優しいとして評価が高まっております。

外観や内装は基本的に変わらず

それから外観に関してなのですが、基本的には従来通り重厚かつスタイリッシュな曲線も取り入れたデザインとなっておりますので、女性が運転をしていても違和感が全く無いとされます。またボディカラーも豊富に用意されておりますので、性別や年齢を問わず好みに合わせられるようにされています。続いて内装に関してなのですが、非常に洗練された仕様となっておりますので、幅広い年齢層に好感を持ってに受け入れられております。しかも、室内空間を有効に利用できるようにバリエーション豊富なシートアレンジが用意されておりますので、家族構成の変化への対応や荷物などの積載量への対応力が評価されております。

ファミリーカーとしてもOK!アウトドアにベスト!

特にセカンドシート部分の可動域が大きく設定されておりますので、7人乗り仕様の場合には乗車人員によりフレキシブルな対応が可能となっております。またラゲッジルームに関しても手抜きすることなく工夫されており、サードシートを格納して平面な空間を確保することができますので、大量の荷物を楽に積載することが可能となります。

もちろんファミリーユースにも大丈夫ですし、荷物が多くなるアウトドアでも満足できる室内空間と動力性能を持ち合わせています。

そして運転席に目を向けますと、洗練された視認性の良いインパネに運転する喜びを感じることができるとして高評価を得ております。さらに車の状態を表示するインフォメーションディスプレイも配置されており、安全運転をアシストしております。それから安全面における装備としてのヘッドランプ類に関してなのですが、
LEDを採用したクリアランスランプに特長があり、さらに光軸調整が可能となっているハロゲンヘッドランプや、夜間における視界の確保を補助する目的でフロントフォグランプが装備されておりますので、様々な天候や時間帯におきまして安全運転を可能としております。

気になる納期は?

2015年6月現在では9月末とのこと。これから購入者が増えていけば年明けということにもなりかねませんので、購入希望のかたは早めの行動が必要です。
プラドのディーゼルと言えば、値段が下がりにくく前例をみてもディーゼル車は売った時の値段が落ちません。
それを目的に購入するかたも多いと予想できますので、人気が出ることはほぼ間違いないでしょう。