トヨタ アクアはファミリーカーに向いているのか?

トヨタから発売されているアクアはポップな色遣いとデザインが特徴的となっていて、いろんな年齢の人が親しめる車となっています。
最近ではドラゴンクエストやモンスターハンターとコラボしたテレビCMなども流しているので、かなり知名度は高くなっています。
そんなアクアはファミリーカーとして向いているのか、はたまた向いていないのかというところを簡単にではありますがまとめてみました。

アクアのファミリーカーとしてのメリット

まず一つ目のメリットとして、冒頭でも書いた通りカラフルでポップなデザインが売りとなっているため、家族でいろいろと話し合いながら色を決めることができます。
家族の会話が増えるとともに、家族の色の好みも分かり、なかなか知ることのできない家族の一面を知ることができるかもしれません。
さらにデザイン自体も丸みを帯びているので、女性でも親しみやすいでしょう。
次に燃費がとてもいいということです。
公式のスペックでは37km/lとなっており、これは同じトヨタの自動車であるプリウスを上回る数値となっています。
燃費がいいということは、家族でのドライブに邪魔なガソリン補給の作業がなくなるのです。

ガソリン代が気になるという家族も多いと思うので、この点もファミリーカーとしてのメリットといえるでしょう。
アクアはかなりの小型化をされているので、運転が苦手な人でも小回りが利いて運転がしやすいというのもメリットでしょう。

例えば奥さんが運転をしていて、何かしらにぶつけてしまうなんて事故が起きてしまえば、家族の関係に亀裂が入ってしまうかもしれません。
値段もプリウスなどと比べて手ごろなものとなっているので、その点でも家計は助かります。

アクアのファミリーカーとしてのデメリット

次にアクアをファミリーカーとする場合のデメリットについて、まとめておきましょう。
まず、メリットの点でも書いた通り、アクアはとても小型化されている車です。
そのため後部座席は狭めになっており、子供が小さい間はいいのですが、大きくなったときに頭をぶつけてしまったり、ぎゅうぎゅうになったりなどが発生するかもしれません。
4人家族までならいいのですが、5人以上の家族となると、後部座席には3人以上が乗車するということになり、この場合はさすがに乗り切らないかもしれません。
さらに、小型化されているということは、積める荷物の量が限られてきます。

家族での買い物というのは、とても大量の食料品や衣服などを買うことも多いと思いますので、出来れば大きいトランクがほしい所ではあります。
旅行などに行く時も、積める荷物の量が少ないと不便を感じてしまうでしょう。
ペットなどがいる家庭では、エサやトイレの砂などを週末に買いだめしておくということも多いため、そのような用途の場合はアクアは向いていないかもしれません。
コンパクトカーのため、パワーも他の車と比べて低くなっているので、あまりにも体重が重いという方も、もしかしたら避けた方がいいかもしれません。

まとめ

このようにアクアにはファミリーカーとしてのメリットとデメリットが存在しています。

この2つをまとめてみると、お子様がたくさんいたり、大きくなってしまっている、さらにたくさんの荷物を車に積んで運ぶといったご家族にはアクアは向いていないといえるでしょう。
逆にまだお子さんが小さくて、そのお子さんが大きくなるまでに買い換えてしまうということを決めている場合は、アクアもファミリーカーとして十分な性能を発揮します。
このように、今の自分の家族が快適に使うことが出来るかということを考えて選んでみるといいでしょう。