新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?

10202508_201602

現代は車の生活が当たり前になり、車はなくてはならないものになりました。また、エコな車が流行しており、中でもハイブリットはその燃費の高さからとても人気があり、今後発売する車はハイブリットが主流になることでしょう。

そこで、ホンダから新たなハイブリットカーが発売されました。
「新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?」の続きを読む…

新型プリウスはファミリーカーとしてどうなの?

bgieg
2015年10月に開催された東京モーターショーで展示されたことによって注目を浴びている新型プリウスが12月9日より発売されます。今回が4代目となるプリウスですが、今までのプリウスとは違い、斬新なデザインで話題になっています。低燃費だけじゃなく、安全性や広さを売りとしたプリウスがファミリーカーとして所有する魅力について紹介していきます。

■家計に優しい40km/Lの超低燃費

新型プリウスは40km/Lという国内トップレベルの低燃費となっています。トヨタの販売している低燃費車アクアでも37km/Lなのでかなり燃費代を節約することができます。例えば20km/Lで燃料タンクが40Lの車に乗っていて、毎日40km程度の運転をしていたとします。20日に1回給油をしないといけないですが、
40km/Lの場合は40日に1回、つまり1か月以上給油しなくて済むのです。レギュラーガソリンの価格が120円/Lの場合、1か月の費用は7,200円に対し、40km/Lの場合は3,600円と半分も節約できるのです。
通勤や子供の送り迎えがなどで車を使わないといけないこともあるのでその手間とガソリン代が節約できるのは家計に優しい車だといえるでしょう。
燃焼効率40%を超える技術があるからこそ40km/Lという超低燃費が実現できています。

■最新技術によって広い室内空間を実現

新型プリウスのボディは長さ4540mm×幅1760mm×高1470mmと全世代よりも広く低くなっています。TNGAと呼ばれる「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」という最新の技術が採用されています。今までのプリウスは2~4人乗りのイメージでしたが、今回のプリウスは4~5人乗っても余裕のある空間があります。また、バッテリー搭載位置を後部座席の下に移動したことによって、トランクが広々になりました。ゴルフバックが4つ入るほどの大容量です。何かと荷物が多くなるファミリーに嬉しい設備です。

■ファミリーカーに最適な4つの安全機能

新型プリウスでは4つの安全機能を搭載しています。
1つ目は自動車や人を検知して自動でブレーキをかける機能です。カメラやレーダーのセンサーによって衝突の危険性を検知することができます。また、衝突の危険性を運転者へ事前に警告することで衝突回避の行動を促す機能もあります。
更にブレーキを踏む力をサポートする機能もついているため、お年寄りや女性の運転でも安心です。
2つ目は前方車との車間を安全に保つ機能です。ゴールデンウィークや年末年始など長距離移動が多くなる時に予め設定した速度で前方車と一定の間隔を取りながら運転することが可能です。追従機能があるため渋滞のときもいちいち減速、加速をせずにすみます。
3つ目は車線を超えたときに通知する機能です。ウインカー操作を行わずに車線変更をしようとすると警告がでてきます。家族旅行に疲れてついつい居眠り運転をしてしまうなどの危険性から守ることができます。
4つ目は自動でハイビーム、ロービームを切り替えてくれる機能です。夜道や霧の時などは視界が悪かったりするのでハイビームにしがちです。対応車がくる度にいちいち切り替えを行わないといけかったのですが、この作業を自動的に行ってくれます。歩行者なども検知してくれるため、事故を事前に防ぐことも可能です。

圧倒的に維持費が安く、最新技術を駆使した安全機能が搭載されている新型プリウスはファミリーにぴったりの車であるといえるでしょう。
毎日の通勤・通学から家族で遠出するときまでさまざまなシュチュエーションで活躍することができます。
斬新なスタイルが「かっこいい」「かっこわるい」など賛否両論あり話題になっていますが、一度店頭で確認して試乗すれば新型プリウスの魅力が理解できるはずです。

新型ハリアーの実力。ファミリーにうれしい居住スペース向上!

ダウンサイズ化でも室内広々!?

rn3it34

トヨタハリアーを選択する意味はハイクオリティーなSUV車を所有することであるとされており、内外装に亘る質感の高さや動力性能に優れたエンジンに感動する報告が多数寄せられております。現在販売されているトヨタハリアーは3代目となるのですが、前モデルと比較した場合にボディサイズがダウンサイズ化されているにもかかわらず、居住スペースが向上している点に高い評価を得ております。具体的な数値としましては後席におけるスペースが47mm広くなっておりますので、後席に乗り込むとかなり実感できるとされております。

さらに外観における評価なのですが、ダイナミックとスタイリッシュをうまく融合させたデザインに人気があり、概ね良好な評価となっております。また内装面における特徴としましてはダッシュボード部分などの質感の高さに感動する声が多く、その理由として本革風の処理がなされていることが挙げられております。またインパネ部分における評価も秀逸とされており、オプティトロンメーターの視認性の良さは安全運転に繋がるばかりか、運転する楽しさをも増幅するとされております。

進化した?パワー十分のエンジン

3代目トヨタハリアーには、2リッターガソリン車と2.5リッターエンジンプラスハイブリッドシステム搭載車が用意されております。まず2リッターガソリン車なのですが、基本的な動力性能としましては151馬力であり、JCO8モード燃費がFF車でリッター16キロおよび4WDタイプで14.8キロから15.2キロとなっております。そしてこの動力における評価なのですが、車格からすると上り坂における動力性能に若干の不満が残るものの、パワーモードが用意されておりますので積極的な活用により快適なドライブフィーリングを得ることが可能とされております。このパワーモードとはCVTにおける変速制御のタイミングを変更するものであり、加速感に優れたアクセルフィーリングを楽しむことができるように設定されているものであります。

逆に燃費重視の運転を心がける場合にはエコモードが用意されており、緩やかな加速となるように設定することが可能となっておりますので、自分の運転ポリシーにフィットさせたモードを選択することが推奨されております。それから2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッドモデルの動力性能評価なのですが、こちらはエンジンとモーターのコンビネーションにより得られるパワーが197馬力となっておりますので、上り坂に関しても不満の無いレベルであるとされております。しかもエンジンとモーターのコンビネーション性能自体が格段に進化しており、コーナーリングからの立ち上がり時において絶妙な動力性能を体感することになるとされております。

安心のブレーキシステム搭載

トヨタハリアーには衝突事故を回避するために様々なブレーキシステムが搭載されており、その高い性能に注目を集めております。プリクラッシュセーフティシステムの搭載により、運転時の危険回避を補助する高い機能を有していることになります。さらにインテリジェントクリアランスソナー、レーンディパーチャーアラートがステアリング制御付きで搭載されており、この機能を有していることによりまして車線の逸脱をオートマチックにコントロールすることが可能となっております。

もちろん全ての場面におきましてコントロールが可能ということではないのですが、運転者の不意なミスをカバーする機能としては大きな意味を持っていると考えられており、確実に事故の軽減につながるとされております。そしてこのトヨタハリアーにおけるベストチョイスとしましては、グレードとしてエレガンスが推奨されており、その理由としては基本性能と価格面のバランスが最もとれている点が挙げられております。

トヨタ エスクァイアの評判は?燃費がかなりいい??

ヴォクシー以上アルファード未満

b4i5to54
トヨタ店・トヨペットから新発売されたミニバンエスクァイア
最近ではVOXIを抜いてミニバンの中で一番売れ行きだそうです。

VOXIの姉妹車と言われています。2014年10月~11月に登場します。
エスクァイアの語源はラテン語で盾持ちという意味です。かっこいいですね!一時はエスティマを廃止し、後継者になると言われていましたがその可能性はなさそうです。
基本的にはノア、ヴォクシーをベースにクラウンマジェスタの高級感を盛り込んだ形になります。高級路線の使用になります。最近ではちょっと贅沢思考がはやっていますのでそんな時代の要望に答えたかの車です。
押し出しの強い大型めっきグリルとめっきの再度モールが加わったエクスクァイヤ。
ヴォクシーとはかなり雰囲気が異なります。内装も上級用本革を連想させる合皮シート。これでワンランク上の高級感を味わえます。これならアルファードと並んでも引けをとらないかもしれません。

室内は基本的にヴォクシーと同じ

エスクァイヤの使い勝手ですが超激戦区の5ナンバーサイズのミニバンでほかのメーカーのライバルしのぎを削ってきたヴォクシーやノアと基本は一緒です。扱いやすく便利で豪華な今の時代にあった車です。
実際の使い心地はどうなのでしょう。まずスライドドアを開いたときの開口口が広いです。
床が低いので小さい子供もひょいっと乗れてしまいます。高齢者の方でも簡単に乗れてしまいそうな高さです。また天井が非常に高いのです。室内の高さは1400mmとミニバンでno1です。
出かけたときに室内で着替えたり出来そうです。前の席には収納スペースもとても多く助かります。

またシートヒータもついているので寒い日はうれしいですね。高級感をポイントにするエクスクァイヤですが、運転席の機能もドライバー目線の使い勝手のよさが徹底的に追及されています。
視界も広びろとしていて上面がフラットなデザインになっています。また、エクスクァイヤでは、
メーター照度コントロール付でメーターが昼間でも見やすいです。

かっこそよさはピカイチ

かなりかっこいいです。5ナンバーサイズでは間違いなくナンバーワンのかっこよさです。
室内空間ですが低床化されていて乗降の負担を極限まで減らしています。そして後部座席ですが2列目シートのスライド量は81センチもあります。
これは本当にトヨタミニバンのいいところだと思います。
7人乗りでも4人で乗ることが多い、そんなときに後部席には最上級のくつろぎになりますね。
本当にすばらしいと思います。

最後は本当に大事な燃費の問題です。新型エスクァイヤのコンセプトは
高級なミニバンと思っていました。内装や装備ですが、後列目2列目のシートが横にスライドできちゃいます。ノアでも採用されている2列目のシート810mmは受け継がれています。
内装はめっきもーつやピアノブラックソフトパットなどが装備され上質な雰囲気になります。
LEDヘットライト、オートライト、オプティトロンメーター、本革ステアリング

左側パワースライドドア、リアクーラーはなんと標準でついてきますので
これならノアやヴォクシーより10万以上しても元はとれそうですね。
外観はノアにそっくりです。後ろから見るとぜんぜん分かりません。

高級志向というよりはいまのじだいにあったコストパフォーマンスがNO1だと思います。
エスクワイアの予約はスタートしていますが売れ行きはいいようです。
それにしても今買うなら絶対にハイブリットのほうを買ったほうがいいと思います。

燃費は23km!?

燃費がぜんぜん違います。エスクワイヤのハイブリット版の燃費はなんと、23.8km/ℓ
です。ミニバンと比較してもダントツで優秀です。
実用性コストパフォーマンスを重視されるならこの車はおすすめです。


新型シエンタ発売!フルモデルチェンジでどう変わった?

vgbrge
トヨタの新型シエンタが発売となりました。使いやすいサイズのミニバンといった新型シエンタですが、その気になる走行性能等について紹介します。

外観はトレッキングシューズ!?

新型シエンタの外観は、トレッキングシューズをモチーフに開発されたという事で、見た目がとてもスタイリッシュに変貌しています。町中でトレッキングシューズをファッション感覚で履く若者のイ
メージを採用したという事で、このデザイニングは若い世代からも好評を受けそうなデザインと言えます。

新採用シアターレイアウト

新型シエンタには、シアターレイアウトが採用されていて、後席に向かってシートが高くなるという構造になっています。後席に向かってシートが高くなっていくことにより、どの席からも前方への視界 が良好になるという効果が発揮されています。シアターシートの採用により、前のシートによる圧迫感を軽減して、しかも室内を広く感じさせる効果を発揮しています。

先進装備で安全性がアップ

先進システムとして衝突安全防止に特化した機能が採用されています。
Toyota Safety Sense Cというネーミングで衝突防止システムが搭載されています。
まず、プリクラッシュセーフティシステムです。レーザーレーダーと単眼カメラを使用することに
よって先行車を検出します。速度が約15km/h~140km/hで走行中に衝突が予測される場合に、警告音
を発することによってドライバーに回避操作を促します。そして、約30km/h~80km/hの領域でプリク
ラッシュブレーキアシストが作動し、仮にブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキが約10km/h~80km/hの車速域で作動し減速します。
次に、レーンディパーチャーアラートです。道路上の白線をセンサーで認識して、車線逸脱のおそれがある場合には、警告音とディスプレイによる表示でドライバーに注意喚起を行います。
そして、オートマチックハイビームです。この機能は、ハイビームとロービームをコンピュータが自動で切り替えをしてくれます。夜間におけるビームの切り替えのわずらわしさから解放してくるシステムで、また、歩行者の早期発見などにも活躍してくるシステムです。

魅力的な燃費で家族にやさしい!

新型シエンタの燃費性能は格段に向上しています。その燃費性能は、
・ ハイブリッドタイプが、27.2km/L
・ ガソリンタイプが、20.6km/L
という驚愕の燃費を記録しています。旧モデルが、17.2km/Lという燃費でしたから、格段に燃費性能が向上していると言えます。
カテゴリーがミニバンに入りますが、ミニバンの中で考えると最高性能と言えます。
シエンタに一番近いタイプの車を考えると、スバルのクロスオーバー7がタイプ的に似ていますが、
クロスオーバー7の燃費が約13km/Lという性能ですから、燃費を重視する人にとっては、とても魅力的な車と言えます。

価格は160万円台

新型シエンタのモデルは、ハイブリットタイプが、230万円台、一番お得な価格のモデルが160万円台という価格帯で車両が用意されています。一番お得なモデルであれば160万円台で車両本体が 販売されていますが、7人乗れる車でこのお値段というのはとても魅力的と言えます。燃費性能に優れたハイブリットタイプでも、車両本体が230万円台とハイブリットカーに興味がある人には、手軽にハイブリットモデルを体感することが出来る魅力的な車と言えます。

ちょうどサイズで燃費がいい車が欲しい方にいい!

頻繁に多人数は乗車しないけれど、7人乗る場合もあって座席を用意しておきたいというニーズの方には最適です。さらに、ミニバンは燃費が悪いと敬遠していた人にとっても燃費性能の問題をクリアしてくれるお勧めの車両です。
ただし、斬新な外観には抵抗する人も少なくないと思いますが・・・


新型ヴェルファイアの実力。性能・装備・気になる納期は?

トヨタ最高級ミニバンともいえるヴェルファイアがモデルチェンジして発売されています。ヴェルファイアといえば、内装の豪華さが際立ちますが、今回のモデルチェンジによってどこが変わったのか簡単にご紹介します。

外観はホイールベースが伸びた

外観上で大きな変化となったのは、見た目に全長が長くなったという点です。旧モデルでもその大き さは迫力がありましたが、旧モデルよりさらに、全長、ホイールベースを長くしたこ とにより室内空 間を広く取るとともに、外観上も更に迫力が増したといえます。

室内空間は助手席シートがロングスライドが可能に

室内空間で大きな変更があるのは、助手席シートがロングスライドが可能になっている点です。
ロングスライドレールの採用により、1160mmのスーパーロングスライドを世界初として可能にしています。
シートのスライド範囲の改善で、助手席の空間が更に広くなり、足を伸ばしながら快適なドライブがさらに可能になります。長身の足の長い人でも余裕で助手席に乗ってもらうことが可能になっていま
す。

前モデルより排気量がアップ

新型ヴェルファイアでは、エンジンが、2.4のガソリンエンジンが、2.5へと 排気量がアップされています。3.5エンジンはそのまま据え置きとなっています。2.5のエンジンへ排気量アップしたことにより、当然の結果として車のパワーがアップして、重い車体も余裕で動かしてくれます。ガソリンエンジンは排気量がアップしたといっても、JC08モード燃費
11.6km~12.8kmという燃費性能で、重たいボディを動かしている中ではなかなかの燃費性 能といえます。走行中もエンジン音が気になりませんし、パワー不足によるストレスというものも感じられません。
また、サスペンションも改良が加えられてのり味が向上しています。リヤサスペンションがトーショ ンビームからより乗り心地や操縦安定性に優れているダブルウィッシュボーンに変更された点も注目するところです。広い室内空間を確保しながら、走行時の安定性や衝撃を吸収することによる室内の居住性を快適に保つということを実現しています。

インテリジェントパーキングアシストシステムを採用

毎日の生活を便利にする装置として、近づくだけでスライドドアがオープンする世界初のウェルカムパワースライドドアを採用しています。買い物時に両手がふさがっていてもドアを開閉することができ る画期的な装置といえて、今後トヨタのスライドドア搭載車両の主流になる予感がします。
さらに、駐車時の車庫入れをサポートするインテリジェントパーキングアシストシステムを採用し
て、大型の車体でも用意に車庫入れを実現することが可能になっています。何度も切り返しをしてもその際にサポート機能が働くようになっているので、車庫入れが苦手な人も安心といえます。

最上級モデルは700万越え

新型ベルファイアの気になる価格ですが、
・ 最上位のハイブリッドモデルが、7036691円
・ 一番お得なモデルが、3197782円
というピンからキリまでの価格設定となっています。
装備されている物の充実度からいって、実際のところは500万円あたりが最も良く売れる価格帯で は無いかと思われます。
値引きに関しては、目標値は50万円前後といたところです。ネット上のクチコミを見てみても一番 多い値引き額がこの金額です。車両本体価格が高額ですから、目標値として無理な価格では無いと思えます。

納期はいつになる?

2015年7月現在ではおよそ半年以上は待たないといけないらしいです。
ですから、今から注文しても今年中の納車は難しいかもしれませんね・・・・

非の打ちどころがない買って損しない車

高級ミニバンを求める人にとっては、理想的な車です。まさに快適なドライブを家族で楽しむことが 出来る車で、車に上質な乗り心地が快適装備を求める人は買って損しない車といえ、運転をサポートす る機能が充実していて、購入してからも長く乗ることが出来るおすすめの車です。

新型アルファードの記事も合わせて読むならコチラ

新型アルファードの評価ってどうなの?

今年のはじめに売りだされたトヨタの新型アルファードの売れ行きは、とても良くて快進撃を続けています。
最高級グレードだと500万円オーバーにもかかわらず調子がいようです。

新型アルファードの特徴はなんと言っても、走る快適性を限り無く追求している点です。
ただ走るだけでなく静かな走行で、ストレスが溜まるどころか走る楽しみを覚えてしまいそうな車です。
そこにはドライバーの安心安全せいを高めてくれる機能が盛りだくさんです。

画期的なドライブアシスト

駐車場で車を停める時は、慣れている人であっても大変名場所があります。
駐車スペースが狭い場所や車と車の間に停めることに苦労することが少なくありません。
アルファードのドライブアシスト機能を使うと、バックモニターに写しだされる映像を車自体がセンサーで自動判断して駐車してくれるのです。
これだと大型車の運転に慣れていない女性の人でも楽に操作できます。
また、車の周りには見えない障害物があり運転に困る場合かありますが、モニターに写しだされる外の映像はドアやボディを透かしたような透過的な映像なので、これも狭い所で動かすには心強い機能です。
また、お買い物の荷物で両手が塞がっていてもドアの開閉が自動で行われる昨日もあり、ドライバーの負担を一切かけない点も心憎い機能かもしれません。
走行性については、先述の通りの素晴らしさですが、SUPER CVTで身体に負担をかけない加速性を実現していますし、エコにも配慮がなされ、このクラスの排気量では考えられないほどの燃費も実現しています。
ハイブリットタイプなくても10kmをオーバーしているので画期的ではないでしょうか。
CVTのみおかけで快適な加速性を感じることができると当時に、高燃費を可能にしている所が他車の追随を許さない所以でしょう

一方、中の居住性はどうでしょうか。

まさにエグゼクティブクラスの快適性、居住性と言ってもかこんではありません。
従来車よりかなり向上しており座り心地がいいたげではありません。
包まこれるようなバケットシート的なカンジの中にも高級者ならではの沈み込むような感覚に陥ることでしょう。
そんなシートはまるで、飛行機のファーストクラスを想像されるのではないでしょうか。
シートアレンジの申し分なく、フルフラットは当然ながら移動す豪華なキャビンを連想させてくれるはずです。
走る楽しみと居住性を楽しむことができる最強のみにばんとしての言えるでしょう。
新型アルファードは発売と同時に予約が殺到しており、オーダー後三ヶ月程度はかかるのが実情です。
最高級クラスになると700万円になるのですが、人気が集中しています。
驚くことは旧アルファードのオーナーが購入するケースも少なくないことだとか。
矢張りアルファードの良さを身体で分かっていらっしゃるオーナーばかりなのでしょうね。
街の中にあるトヨタの販売店でもアルファードの試乗体験のコーナーが大々的にPRされていますが、見る度に試乗で車が出て行っている感じです。

気になる納期、値引きは?

納期については2015年7月現在では、およそ6か月待ちとのこと・・・
ですから今注文すればギリギリ年内納車が出来るかどうかきわどいところですね。

値引き額はまだ発売されて日が浅いですし、売れ行きがいいのでディーラー側は強気でせめて来ます。
ですから、過度の期待は禁物です。うまくオプションを加えて、値引きを引き出すのがポイント。

新型アルファードの売れ行きにディーラーは困っている

先日、近くのトヨタ販売店に行くと知り合いの営業マンが言っていました。
「他の車も紹介したいんですが、今は試乗も商談もアルファードばかりで、ありがたくも困ってます。」
と苦笑していました。
お店の中に座っているとおとずれるお客さんは或るばかり見て触っています。

若い奥様方も
「これだよ!これにしよ!」
と気軽にご主人に言ってる所を。見ると本当にアルファードが男性だけでなく女性にも人気のある車だなと思いました。
走る楽しみだけでなく、車の中での楽しみも見つけることができそうな期待大の車です。
今年の夏休みに向かって、新型アルファードの購入計画をしている近所の人もいるくらいですから。
長く付き合えるミニバンだと思います。