アルファードとヴェルファイアの違いは?どっちがいい?

アルファードとベルファイアの違いとは?

fn3ot
現在ミニバンを購入する人は非常に増えており、その社内の広さと使い勝手の良さから家族が多い人やたくさんの友達などとよく集まる人などにとってはミニバン以上の良い選択肢は無いと言ってもいいくらいの人気があります。
特に人気の高いのがアルファードとベルファイアなのですが、この2つに違いはあるのでしょうか。アルファードもベルファイアもどちらもトヨタから発売されている人気のミニバンで、大きな違いといえる部分はその見た目の違いが最大の違いだと言えます。基本的にアルファードとベルファイアは姉妹車だとトヨタも言っているため、走行性能や内部の広さに関してはほとんど違いが無いというのが現実のようで、そのため使い勝手や走りで選ぶのは非常に難しい選択だと言えます。要するにどちらを選択してもその点に関しては違いをほとんど見出せないと言えますので、アルファードとベルファイアを選ぶのに迷った場合にはそれ以外の部分での違いを見出す必要があります。最も大きな違いはフロントマスクの見た目の違いですので、その部分の好き嫌いで選ぶのも良いでしょう。

アルファードの特徴とは?

アルファードの特徴はなんと言ってもミニバンなのに高級車の雰囲気を漂わせるそのフロントマスクの形状でしょう。アルファードの場合、フロントマスクの形状が高級車路線となっているため、ベンツやBMWといった高級車にも負けないくらいの貫禄ある表情を見せてくれます。基本的にベルファイアよりも高級車路線が強く押し出されたフロントマスクになっているため、購入者層に関しても非常に幅広い年代がターゲット層になっています。特に40~60代といった年齢層に対してのアプローチが高くもうワンランク上の車に乗りたいといった欲求を満たしてくれるのもアルファードの特徴といえます。そのため高級車っぽい見た目のため全体的な雰囲気は大人し目の印象で、ファミリーカーとして使用するといった用途に最も向いているのがアルファードとなります。

ベルファイアの特長は?

b23it43
一方のベルファイアの特徴は、アルファードよりも尖った印象のフロントマスクが印象的だと言えます。ベルファイアの場合購入するターゲット層がアルファードよりも低い年齢層をターゲットにしているため、姉妹車といってもその佇まいは全く異なるものとなります。見た目の印象はアルファードの「柔」に対して「剛」といった印象が強く、車で個性を出したいといった若年層に非常に人気が高いのがベルファイアとなります。そのためファミリー向けというよりは友達とツーリングに出かける、大勢の仲間と一緒に集まることが多い人向けで、純正パーツなどもエアロパーツなど見た目を大きく変えることが出来るものが多く用意されています。サードパーティ製の部品もアルファードに比べるとベルファイアのほうが確実に多く発売されているため、他の人とは違う見た目に改造したいといった人に向いているのもベルファイアの特徴となります。根本的にアルファードよりもチョイワルなイメージが高いため、カッコいい印象が強いのがベルファイアとなります。

内装面の違いはあるのか?

アルファードとベルファイアの内装やインテリアを比較してみた場合、基本的にはほぼ同等の内装やインテリアが用意されていると言えます。そのため基本的な部分では内装面などの違いはほとんど無いと言えますが、アルファードもベルファイアも選択するグレード、エディションによって初期設定されているシートなどの仕様が異なることになります。標準設定でシートや内装が指定されている場合もありますので、その点はアルファードの場合でもベルファイアの場合でも購入する前にしっかりと確認をする必要があります。

ボディカラーの違いは?

アルファードとベルファイアのボディカラーを比較してみると、アルファードは全体的に落ち着いた印象のボディカラーとなっており、一方のベルファイアはバーニングブラックといった攻めた印象のカラーを用意して有るので、その点での違いが明確だと言えます。アルファードにはバーニングブラックは存在しておらず、スパークリングブラックといったブルーがかったファミリー向けのブラックや、ホワイトパールといった高級車に用いられるようなボディカラーが基本となっていますので、ボディカラー一つ取ってみてもアルファードとベルファイアには違いがあります。

カスタマイズカーの種類は?

他とは違う車に乗りたい場合にチョイスするカスタマイズカーに関しては、アルファードよりもベルファイアのほうが用意されているカスタマイズの種類が多くなっています。そのためカスタムしやすいのは圧倒的にベルファイアのほうで、個性的な印象を求めたいのであればベルファイアをチョイスするほうがカスタマイズしやすいでしょう。そのため外観で差をつけたい、内装のや装備にもっとこだわりたい人はベルファイアを選べば良いですし、特にカスタマイズは必要ない人はアルファードをチョイスすると良いのではないでしょうか。

奥さんでも運転しやすいミニバンはどれがいい?

1 ホンダステップワゴンは女性でも安心して運転が可能

gh39g3
ホンダステップワゴンは、2リットルクラスのミニバンでは最新の車両で、衝突防止機能や前車追従機能などが装備されたHONDASENSINGという機能が装備されています。
前方車両との衝突の危険性や歩行者との衝突の危険性がある場合に自動的にブレーキが作動して、衝突を回避してくれます。
また、前方車両に追従する機能も備えていて、速度30km/h以上の速度域で前方車両に自動的に追従
して車間距離なども調整してくれるので、アクセルを踏む必要が無くハンドルワークに集中することができるので、高速道路などの走行ではとても安全に走行することが出来るといえます。
その他にも、ギア操作を誤って駐車場などで店舗に突っ込んでいってしまうような事態を避けるための誤発進防止機能や、車線をはみ出した際に警告音で知らせてくれる機能、現在走行中の道路の速度規制を表示してくれる機能と事故を起こさないための安全性能についてとても良く考えた車作りがされています。
その他にも多数の安全装備が備えられていて、女性でも安全に運転することが出来ます。

2 日産セレナは、安全性能が高いので安心

1

日産セレナは、2リットルクラスのミニバンの中では、モデル自体は古い車になりますが、衝突防止 に関する安全機能に早くから取り組んでいた車だけあって、確かな安全性能があって女性が運転するに はおすすめのミニバンです。
そして、セレナといえばエマージェンシーブレーキが標準装備されていることがポイントです。前方 車両や歩行者との衝突の危険が発生した際に、自動的に車を停止させてくれる機能です。この機能が標 準装備されているところが、安全性能に対する力の注ぎ方が見て取れます。
更には、アドバンスドセーフティーパッケージというオプションを選択すれば、アラウンドビューモニターも搭載されて更に安全性能が高まります。
車を上方から見下ろしたような図がカーナビのディスプレイ上に現れて、運転席から車の周囲の状況を把握することが出来ます。
ミニバンは死角が多いので、アラウンドビューモニターがあれば、死角がなくなって人などとの接触の心配がなくなります。さらに、車周囲の移動する物体を感知する機能も搭載されているので、歩行者 などが近寄ってきた場合にも事前に車が知らせてくれてより安全だといえます。
日産セレナは、事故を起こさないことを考えて作られているので、運転が苦手な女性にもとても安心して運転してもらうことが出来る車です。

3 ボディサイズが小さくて小回りがきくシエンタ

brf34tgh

シエンタは、1.5リットルという2リットルクラスのミニバンより、小型のサイズが特徴なミニバンです。このサイズで7人までの乗車を実現していることが驚きですが、小型サイズなために、なんと言ってもその特徴が運転のしやすさです。
小回りが利くことと、狭い道でも走行しやすいところが、毎日の買い物などに使用する女性には特にオススメな車です。
また、ハイブリットタイプは、リッター27km/Lという脅威の燃費性能を実現しているところも家計に優しい車といえます。
また、Toyota Safety Sense Cとネーミングされる衝突回避支援パッケージが用意されていて、衝突防止の緊急ブレーキ機能や車線逸脱時の警告機能、前方車両が発進したことを気づいていない場合のお知らせ機能といった交通事故を防止するための安全機能まで装備された充実の性能となっています。
ミニバンは大きくて運転しづらいといった女性の要望には的確に対応することが出来る特に女性におすすめのミニバンと言えます。

ファミリーカーの買い時っていつ?”ファミリーカー基礎知識”

当たり前ですが家族が増えたならファミリーカーの検討を

fb3g5t3
自動車にも様々な種類があって、軽自動車、スポーツカー、ワゴン車などその人の生活スタイルに合わせて車を選ぶことが大切です。
独身時代であれば、2ドアのスポーツカーなどがとてもオシャレでかっこよくて、モテルためにこのような車に乗る人も多いでしょうが、結婚して、子供が生まれて、たくさんの荷物を積んで、山へ海へ
と出かけることが多くなってくるとおすすめなのが、ファミリーカーです。家族が増えてきたらファミリーカーを選ぶタイミングとも言えて、ファミリーカーを購入すると小さな子どもがいる家庭などの子
育てで忙しい家族にとっては、様々な面で生活が楽になるといえます。
独身時代から、結婚をして家族が増えた時がファミリーカーの購入を検討すべき時ともいえます。

ファミリーカーを選ぶポイント

ファミリーカーといっても様々な種類があります。昔からある車としては、カローラなどもファミ
リーカーといえばファミリーかですが、どうせ選ぶなら荷物をたくさん積むことが出来て、多人数が乗
れる車がおすすめです。
特に、子供を2人、3人と考えている過程では、7人乗り、8人乗りといった多人数が乗車すること
が出来る車が、子供と両親を野全員のせてお出かけにいけたりするのでとても便利といえます。

ファミリーカーを選ぶポイントとして、
・ 乗車人数
・ スライドドアが着いているか
・ 乗り降りがしやすいか
・ 衝突安全性能が十分か
・ シートの乗り心地がいいか

といったところを注意して選ぶことが失敗しないポイントといえます。
特に、乗り降りのしやすさというのは毎日車を使う上で気になるところです。乗り降りの位置が高す
ぎると小さな子どもは車に乗る時にとても苦労するので、乗車位置が少しでも低い車のほうが扱いしや
すいということはいえます。
また、多人数乗れる車は3列目のシートの作りが甘くて、シートが硬くて長時間乗っているとお尻が痛くなるという車もあるので乗り心地についても注意が必要です。
そして、車を運転する中で事故を起こさないということが重要ですが、最近の車には衝突防止用の緊
急ブレーキがついた車なども販売されていて、多人数乗れるミニバンなどにも装備がつき始めています。追突の危険がある際に自動でブレーキがかかると衝突の危険を避けれて乗っている子供の生命を守ることが出来るのでこういった装備の有無にも着目してファミリーカーを選ぶことがベストといます。

おすすめのファミリーカー

3big3g
ファミリーカーでおすすめなのは、2リッタークラスのミニバンです。このクラスのミニバンは、多人数が乗れて、車の大きさもそれほど大きくないので扱いがしやすいという点があります。また、ミニバンの中でも競争が激しいので、価格的にも値引きなどが大きくて購入しやすいというメリットもあります。
2リッタークラスのミニバンでおすすめなのは、ホンダのステップワゴンです。ステップワゴンがおすすめなのは、燃費性能もこのクラスのガソリン車としては最も良く更に、追突防止や追従クルーズコントロールなどの最新の装備がついています。

また、質感で選ぶなら、トヨタのエスクワイアもおすすめです。2リットルクラスのミニバンとは思えないシートや内装の質感は、ファミリーカーとは思えない充実ぶりです。
意外な車としては、スバルのエクシーガクロスオーバー7もおすすめです。形はワゴンの形状ですが、7人乗れて、運転のしやすさはピカイチです。そして、アイサイトと呼ばれる、衝突防止機能がついているのが何よりおすすめです。緊急ブレーキシステム、全車速追従クルーズコントロール、車線逸脱防止装置と、安全性能では多人数が乗れるファミリーカーとしてはダントツの性能です。