車中泊にぴったりなファミリーカー2

bri3t

◇トヨタのガイア

私が現在使っている車で:2WDの2000㏄・7人乗乗りのAT車です。燃費は一般道で10km/ℓ、高速道で13km/ℓほどです。高速道路でも安定した走りをします。燃料タンクは60ℓです。車高がやや高いため、強風が吹いている橋などでは、たまにハンドルを取られることがあります。
「車中泊にぴったりなファミリーカー2」の続きを読む…

新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?

10202508_201602

現代は車の生活が当たり前になり、車はなくてはならないものになりました。また、エコな車が流行しており、中でもハイブリットはその燃費の高さからとても人気があり、今後発売する車はハイブリットが主流になることでしょう。

そこで、ホンダから新たなハイブリットカーが発売されました。
「新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?」の続きを読む…

日産エルグランドがファミリーカーに選ばれる6つの理由

ng4oi5
家族で乗る車を買いたい、けどたくさんありすぎて迷っている…という方にぜひ一度検討していただきたいのが日産のエルグランドです。
エルグランドがファミリーカーに選ばれている6つのポイントをシーン別に紹介します。

1:赤ちゃんを載せてお出かけ

奥さんの妊娠をきっかけに、出産後の生活を考えて車を買い換えるという方も多いのではないでしょうか。
そんな赤ちゃんが産まれるご家庭や、すでに赤ちゃんのいるご家庭にもエルグランドはオススメです。
まず、赤ちゃんの移動に欠かせないのがベビーカーです。
新生児から乗れるベビーカーは思ったより大きくかさばるうえ、赤ちゃんを乗せるチャイルドシートを取り付けると車内はとても狭くなってしまいます。
エルグランドなら、車内が広いのでチャイルドシートがついていても楽にベビーカーを乗せるスペースがあります。
さらに、赤ちゃんとのお出かけのときに困りがちなのがオムツ替えや授乳をする場所が意外と少ないことです。
車内が広いと、車内でオムツ替えや授乳がスムーズにできるのでお出かけ前にオムツ替えや授乳できる場所を探さなくてもよいのが嬉しいポイントです。
赤ちゃんが少し大きくなると、チャイルドシートから抱っこ紐への乗せかえをすることも多くなってきますが、車内が広いエルグランドなら余裕を持って乗せかえることができます。

2:小さなお子さんを連れてのお買い物

お買い物は主婦にとってなかなかの重労働です。
とくに小さなお子さんを連れてのお買い物に苦戦しているお母さんも多いと思います。
一番大変なのは、荷物の積み下ろしをしなくてはいけないことではないでしょうか。
そこで助かるのがスライドドアです。
特にスーパーの狭い駐車スペースでは目を離した隙に子どもが隣の車にドアを当ててしまわないかヒヤヒヤします。
スライドドアならそんな心配も要りませんし、間口が広いので買い物した荷物をどんどん積みこむことができて便利です。
買い物のストレスが一気に減らすことができそうです。

3:家族でのお出かけに

お子さんが小さいうちは、おじいちゃんおばあちゃんも含めて家族で旅行に行く機会も多いのではないでしょうか。
エルグランドなら3列目のシートまで大人が余裕で乗れる広さを確保できます。
さらに運転者に嬉しいのが、人や荷物が沢山乗っていてもアクセルをべた踏みしないと進まない…ということが全くない加速の良さです。
十分な馬力で加速がスムーズなので、高速道路などを長時間運転しても疲れにくいです。
長距離の運転で着いた頃にはヘトヘトで旅行が楽しめないなんて心配も要りません。
家族での楽しい旅行の思い出は一生の思い出になることまちがいなしです。

4:中高生のお子さんの送迎に

中高生になると自転車通学をするようになる子もいます。
朝は自転車で登校したものの、下校時間には大雨…ということも梅雨などには日常茶飯事です。
さらに、部活動で帰宅時間が遅くなる娘さんを迎えに行くということも最近では多いようです。
そんなときに、車に自転車が積めるというのは大きな強みになります。
シートを倒せば自転車も楽に積むことができますよ。

5:ちょっとした引っ越しに

子どもが一人暮らしをするといった引っ越しのシーンでもエルグランドが活躍します。
シートを全てフラットにすれば、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家具家電以外はたいてい運ぶことができます。
服や調理器具などはダンボールに詰めて整頓して詰めば、一人暮らしくらいの荷物なら一度で運ぶことができそうです。
物干し竿など長さのあるものを運べるのも、車内が広いからこそできることだといえます。

7:アウトドアなどのレジャーに

釣りやキャンプなどを楽しみたいご家庭にもエルグランドはおすすめです。
釣り竿やサーフボードなど長さのあるものを乗せることはもちろん、シートをあげればフラットになるのでマットを敷けば車中泊もできてしまいます。
遮音性も優れているので、外の音が気になりにくいのもありがたいですね。

エルグランドのよさはなんといっても「車内の広さ」にあると思います。
大きすぎるのではないかと感じることもあるかもしれませんが、実際に乗ってみると大きすぎると感じるくらいが実はちょうど良い大きさだということがわかりますし、
これからどんどん大きく成長するお子さんをお持ちのご家庭なら、年々そのことが実感できると思います。


車に泊まろう!車中泊にオススメのファミリーカー

コンパクトながら快適な車中泊が楽しめるフリードスパイク

n3u4t43
快適な車中泊を楽しむためには、ゆとりある車内空間を確保できる車種を選択する必要があります。候補は当然ミニバンやワゴンなど大きな車が中心になりますが、比較的小型ながら十分車中泊に対応可能なのが「フリードスパイク」です。

フリードスパイク最大の特徴は社内広報に設けられた大空間です。この空間のおかげで利やシートをフルフラットに倒すことが可能になり、車中泊の条件である「横になって眠れる広い車内空間」を確保することが可能となっています。前籍を目いっぱい出せば後部空間は2015ミリを確保できますから、大人が横になっても十分足を延ばせるだけの広さが確保できます。

単にシートを倒すのではなく段差のないフルフラットな状態にすることができますから、マットを引いて横になれば翌朝目が覚めたときに体が痛む心配もありません。レイアウトチェンジも簡単にできるうえに必要な荷物を十分積み込める積載容量がありますから、車中泊の足としてフリードスパイクは理想的な車といえるでしょう。

大開口のテールゲートや大型スライドドアなど開放性が抜群なので大きな荷物の積み下ろしもしやすく、就寝時以外はドアを開けておけばキャンプベースとしても活躍してくれます。フリードスパイク専用の車中泊グッズなども発売されていますから、自分好みにカスタマイズすればより快適な車中泊が楽しめる一台になるでしょう。

フルフラットなワンボックス日産NV200バネット

ntu54o5
ゆとりある車内空間が魅力のワンボックスは車中泊にオススメの車種です。その中でも特に車中泊にピッタリなのが「日産NV200バネット」です。

日産NV200バネットは子だ多少用ワンボックスとしてだけでなくファミリーユースのアウトドアレジャー用途を重視して設計された車で、車内後部空間をフルフラットにすることが可能です。他にも後部フルフラットを売りにするミニバンはいくつかありますが、それらは単に後部座席を水平まで倒せるというだけで完全に後部空間が平らになるわけではありません。

日産NV200バネットは他のワンボックスと違い後部座席を収納してまっ平らな状態にすることができます。余計な凸凹が無く部屋と同じような状態になりますから、横になった快適性が段違いです。マットを敷いて横になれば、一瞬にして後部空間が快適な寝室へと早変わります。

荷室空間は1900ミリと車体の大きさに比べてもゆとりある空間が用意されているので大人が横になっても十分な広さが確保できます。走行性能もタクシー用の車種として正式採用されるほど安定性に優れ、燃費も良く車中泊の長距離ドライブに向いています。価格も200万円前後と比較的手ごろなので、車中泊初心者から上級者までオススメの一台です。

SUVで車中泊するならホンダヴェゼル

fgjwo4wy5
アウトドアレジャーならやっぱりSUV、という人にオススメの車種が「ホンダ ヴェゼル」です。SUVは車体も大きく車内空間も広めなので車中泊に向いているのですが、ヴェゼルは数あるSUVの中でも特に車中泊にピッタリの車です。

ヴェゼルは大きな車が多いSUVの中では比較的小型の車ですが、後部座席をフルフラットにすることができる車中泊向けの使用となっています。傾斜のないフラットなスペースというのは車中泊をするうえで非常に重要ですから、小型のヴェゼルがSUVの中では一番オススメの車種になります。

全席を一番前にスライドさせれば1830ミリの後部空間が確保できますから、横になって眠れるだけのスペースを確保することができます。車高が低いため高さは920ミリとやや低めですが、寝るための空間であることを考えればそれほど窮屈さを感じる心配はいりません。後部にマットを敷けば、ゆったりと眠れるベッドルームに早変わりです。

SUVという特性を生かしたアウトドア走行に強みを発揮しますから、釣りやサーフィンなどを楽しむための車中泊にはピッタリの車です。悪路をものともせずすいすい走りますから、山の中で車中泊で夜を明かして朝からアウトドアレジャーを楽しむような用途にはベストチョイスな車です。