ディーゼルだけ!?マツダCX3がファミリーカーに革命を起こす。



マツダから新しいモデルが発売されました。

その名はCX-3、お察しの通りCX-5の弟分的な車でCX-5が中型クロスオーバーSUVとしたらCX-3は小型クロスオーバーSUVということになります。
この車は先だって発売されたデミオをベースにして作られたモデルで一言でいえばデミオのクロスオーバーSUVバージョンです。

デミオが発売された時にもガソリンエンジンと同時にクリーンディーゼルエンジンが採用され、話題となりましたが、今回のCX-3は驚くことにクリーンディーゼルだけのラインナップとなっています。
マツダはここ数年、積極的にクリーンディーゼルを採用することが多くなってきており、このモデル以外にも先ほどのデミオやアクセラ、アテンザ、そしてCX-5など主力モデルすべてにクリーンディーゼルエンジンモデルを用意しているのですが、クリーンディーゼルエンジンだけというのはこのCX-3がここ最近の中では初めてとなります。
マツダはもともとヨーロッパ市場を大事にしている自動車メーカーで、日本よりも緩いヨーロッパのディーゼルエンジン規制によって、ディーゼルエンジンモデルがよく売れているということに対応するためにディーゼルエンジンモデルをたくさん作っているのです。rh93wt03
それをそっくりそのまま日本で売っているということがマツダにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルが多い理由。

しかし、日本ではいまだにディーゼルエンジンは敬遠されがちでそれがたとえクリーンディーゼルエンジンだとしても同じこと。
マツダがとったこのディーゼルエンジンだけという販売戦略は果たして吉と出るか凶と出るか興味がわくところです。
日本は空前のクロスオーバーSUVブームということでCX-3を好む傾向にはありますが、そのときにディーゼルエンジンだけということになった時にどういった反応が出るのかというのが勝負の分かれ目だと思います。
もしかしたら初めてのマイナーチェンジのときにガソリンエンジンモデルが追加されるということになり得るかもしれません。
日本人はどうしてもディーゼルエンジン=トラックのエンジンというイメージが強いため、乗用車を買う時にディーゼルエンジンというのもやはり抵抗があると思います。
それとマツダが好きで好きでたまらない方には関係ないことなのかもしれませんが、どの車も同じような顔つきというものなかなか馴染めないではないのでしょうか。
現段階でもアテンザ、アクセラ、デミオ、CX-5、そしてCX-3と5車種がほぼ全く同じデザインというのもなかなか国産車ではお目にかかれないものです。
どうやら最近のマツダはいろいろなことにチャレンジしているようです。

ファミリーカーとしてはどうか?

h4whgw
ファミリーカーとしては、十分使えるSUVといえます。
サイズもちょうどよく、アウトドアで使うには取り回しがすごくよくディーゼル⇒軽油ということで環境にもお財布にも◎。

CX5よりもコンパクトに仕上がっているので収納が少ないのはネックですが、それほど大荷物でなければ十分と言える収納です。
後部座席は空間も十分で見た目よりも広々している印象で子供を乗せても窮屈には感じない。

CX3の最大の魅力であるディーゼルと利点を最大限生かせるのが、ファミリーカーという使い方ではないだろうか。
ぜひこれからファミリーカーを購入する人には検討に入れてほしい1台ですね。

爽快スポーツワゴン!キビキビ走る「アテンザワゴン」

マツダで手ごろなファミリーカーとして使える車といったらアテンザシリーズの1台となるアテンザワゴンがいいでしょう。
いわゆるアテンザセダンベースのステーションワゴンモデルということで、3ナンバーボディを持つ大型ステーションワゴンです。

ステーションワゴンですから2列シートで定員は5人までということになるのですが、リヤシート周りもかなり広く作ってあるのでこの車であればフル定員でも窮屈な思いはあまりしないでしょう。
4800㎜以上の長いボディをもっているのでリヤシートに座っても足元は広く、セダンモデルと違ってルーフ形状も直線的なものとなっているのでヘッドクリアランスも十分とられています。
この車だったら5人家族で旅行といったシチュエーションでも十分こなすことができ、広いリヤラゲッジスペースはお土産をたくさん買っても余裕で収まることでしょう。

走りに関しても2.5リッターと2リッターのガソリンエンジンや2.2リッターのクリーンディーゼルなどパワフルなエンジンが搭載されているので5人乗っても快適な運転をすることができ、ドライバーであるお父さんにもあまりストレスがかかることもないでしょう。

4人家族ぐらいならラフェスタハイウェイスターやプレマシーがちょうどいい。

子供も小学生高学年以上ともなると少しずつおとなしく車に乗っていられるようになるので、何もフルサイズのミニバンではなく、ラフェスタハイウェイスターやプレマシーのような全高の低いミニバンでも大丈夫かと思います。
ラフェスタハイウェイスターとプレマシーは兄弟車で、マツダのプレマシーのOEM供給車が日産のラフェスタハイウェイスターということになります。
この車は乗用車感覚で運転することができる中型ミニバンで、ドアは一応両側電動スライドドアとなっているので乗降性の良さはトールミニバンと同じようなものになっています。
定員は7人乗りですので、両親とたくさんの子供やおじいちゃんおばあちゃんも一緒に乗ってどこかへ出かけることができます。
そこまで人数が多くないファミリーであれば、セカンドシートの中央部をたたんで6人乗りにして乗ってみてはどうでしょう。

マツダのいうところのカラクリ7thシートというものでセカンドシートの中央部を右側の座面にしまえるようになっており、必要に応じて6人乗りにしたり、7人乗りにしたりすることができるのです。
普段は6人乗りモードでたまにおじいちゃんたちが乗る時だけ7人乗りにするという使い方もできます。
室内高も低く、少しタイトなキャビンとなっているので小さい子供がいるファミリーには向きませんので、子育てが少し落ち着いた頃のファミリーにちょうどいいのかもしれません。

ビアンテは大人数向けではない!?

マツダで唯一のトールミニバンとなるのがビアンテです。
ヘッドライトからサイドウィンドウにつながる独特なデザインが特徴の中型ミニバンで、室内もかなり広いので定員となる8人乗っても広々としています。
これにはこの車がかつて2.3リッターエンジンを搭載する大型ミニバンとして売られていたということが大きく影響しています。

fghrygt

現在はそろそろモデル末期となっており、グレード整理などを行った結果、2リッターエンジンだけを搭載する中型ミニバンになってしまったということなのです。
しかしこの流れが一つのデメリットを作ってしまいました。
それは大型ミニバンとして作った大きくて重たいボディを2リッターNAエンジンという非力なエンジンで動かさなければいけなくなったということなのです。

同じマツダのミニバン、プレマシーと比べてのその動きの違いは歴然としており、少しもどかしさを感じることとなりますが、街中や高速道路の走行車線を流して走る程度のものであれば何ら問題はないかと思います。
それよりも中型ミニバンクラスで大型ミニバンクラスと同じくらいの広いキャビンを手にすることができたということを歓迎すべきでしょう。

「CX-5」は子供にも大人気です

ファミリーカーを選ぶなら、子供も喜ぶ車を選びたいものです。
子どもにクルマの絵を書かせると、いまは真四角なミニバンを書く子どもが多いそうです。
1
子供にも人気のある車といえば「CX-5」。
クルマというのはかっこいいものなんだよと伝えることができるCX-5は
数ある車の中でも貴重な存在かもしれません。

かっこいいだけでなく、スペースも広々としていて大家族でも満足。
スカイアクティブを搭載しているため燃料費も家族に優しいクルマです。

基本的に子どもはかっこいい物が大好きですので
CX-5を気に入ってくれることでしょう。

子どもにもわかる格好良さと燃料コストが低い!
これが決め手となりそうですね。

「CX-5」のもうひとつの魅力といえば「3列独立シート」です。

意外ですが、この「3列独立シート」はマツダが世界初なのです。
2
後部座席を倒せる車は他にもあれますが
独立してシートを倒す場合2シート分か、1シート分しか選べません。

CX-5は5人乗りですが、後部座席が3列独立して倒すことができます。
ファミリーカーだけでなく、スノボーやゴルフによく行く人にも選ばれている車です。