”ボルボV40 T3 SE”このサイズでもファミリーカーとして価値あり!「我が家のマイカー自慢”輸入車編”」

ひと目で分かるエクステリアに満足

ボルボV40 T3 1
新型ボルボV40 T3には、ドイツ車にない個性が詰まっています。
エクステリアデザインは、秀逸で鋭角な切り込みのテールランプ、サイドビューからのシャープな窓枠に魅了されます。
スウェーデン車として、北欧のモダンでいて、風格のあるデザインの力強さを感じます。
街中では、ドイツ車をかなりの頻度で見かけてしまうのが、購入に踏み切れない理由でした。
その点、ボルボはスカンジナビアンテイストにあふれた独創性に富んだデザインが光っていました。

当初、ドイツ車のメルセデス・ベンツAクラス、アウディA3と悩みました。
価格はV40 T3 SEが374万円、Aクラス180が298万円、A3が356万円(1.4 TFSI cylinder on demand)でした。
値引きはともに10万円前後で、各社示し合わせたかのように、ほぼ差がありません。
その中でV40に決めたのは、個性的なデザイン力です。
加えて、比較した3車種で152psと最も馬力があった点も挙げられます。

パワーユニットの軽快なフィール

ボルボV40 T3 2
人によって感じ方、捉え方の違いはありますが、自分にとってV40のエンジンが一番、好きでした。
速さを実感できたのは、わずか1700の低回転から最大トルクを発生することです。
パワーバンドは日常走行時によく使う回転域だけに、スタート&ダッシュも実に軽快でスムーズ。
スポーツカー並み、とまではいきませんが、通常走行では1.5Lエンジンでも、簡単に流れをリードできます。
ボディー剛性も強く、コーナーでの安定感もあり、ロードノイズなどを抑える静粛性もあります。

V40は2013年に初代がリリースされています。
当時は1.6Lで180psと高出力を誇っていましたが、マイナーチェンジした新型は28psパワーダウンしました。
初代のエンジンは、当時の傘下であった米国・フォードから供給を受けていました。
新型はフォードの傘下から外れ、ボルボ社が独自に開発したエンジンです。
なので、パワーダウンしても自社開発のエンジンなので、全体的なマッチングもよく、過不足は感じられないのです。

安全性能のパイオニアとして

ボルボを語るうえで欠かせないのが、世界トップレベルの安全性能です。
20年以上前のテレビCMで、崖から車を落としても、キャビンスペースがしっかり守られていました。
この衝撃的なCMでボルボの安全性能が、世界で再認識されました。
ボルボを選ぶ理由は、走行性能よりも安全性能を重視するユーザーも少なくありません。
最近、クルマを購入する傾向として、エコに続いて安全性能を求める声も多く出ています。

現行車についても、安全性能には一切の妥協がなく、エントリーモデルから上級車種まで同一の装備になっています。
自動ブレーキを含む10種類の先進安全装備、運転支援機能の「インテリセーフ10」が全車種で標準装備になります。
この10種類の安全装備は、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWにありません。
同じような装備を着ければ、オプションで軽く400万円を超えます。
コンパクトサイズのCセグメントのクラスで、相対的に価格や装備が最もベストだと思うのがV40でした。

発展する可能性を秘めている

クルマ全体としては、かなり高レベルな造りになっています。
ただ、居住スペースに若干の改良の余地はあります。
大人4人が乗車しても、狭さを感じることはありませんが、後席の頭上はもう少し開放感が欲しいところです。
ファミリーカーとして、小さな子どもが乗る分にはいいですが、170cmを超えると少々、頭上が気になります。
これは、デザイン力を高めるため、後方のルーフ部分が傾斜しているので、仕方ないともいえますが。

ラインナップにAWD(4WD)をもっと加えて欲しいという願いもあります。
メルセデス・ベンツは、ユーザーの要望も加味して4MATIC(4WD)を積極的に展開しています。
降雪地ユーザー、スキー・スノーボードをするユーザーのためにも、検討課題だと思います。
もちろん、今後の販売状況によっては、ラインナップの可能性も出てきます。
逆の見方をすると、ボルボにはそれだけ発展する可能性を秘めている、ということにもなります。

万人向きにつくられたクルマ

ボルボV40 T3 3
実は新型のV40は、運転がしやすいのです。
最たるものは、わずか5.2mの最小回転半径です。
先代に比べて大きさがほぼ変わりませんが、50cmも小さくなりました。
片側1車線の比較的、路肩が広い道路では、かなりの確率で切り返しなしでUターンできます。
商業施設の狭い駐車スペースも、スムーズです。

運転に不慣れな女性にはもちろん、走りが好きなユーザーにも最適なクルマといえます。
高速道路の安定性は、同クラスの日本車では経験できないものがあります。
長距離運転でも疲労が少なく、運転して楽しいと感じます。
ボルボは今後、ますます魅力的なクルマをリリースしていく予感が高まります。

輸入車でおすすめなファミリーカー

車選びというのは、最も楽しい高額買い物の一つです。どれを購入するか、あれこれ悩むのは車好きではなくても、楽しいものです。車といえば国産の軽自動車ばかりを考えてしまう人も多いと思いますが、最近の輸入車はその独特のセンスや最新技術、日本の車にはない快適性や乗り心地があり、車が好きな人以外からも評価が高く、購入されている人も年々増加傾向にあります。

あなたが独身なら好きな車を購入する事が出来ますが、結婚をして家族が増えたら奥さんや家族の言い成りで車を選んでしまっていたと思います。興味がなくデザインも悪いけど、燃費だけは良い国産車を我慢して乗るのなら、一度ぐらいは反発して輸入車を購入してみる事をお勧めします。輸入車といっても最近は、日本車に負けないファミリーカーや小型のタイプも多いのです。日本市場だけでなく世界的にも、エンジンを小さくしターボエンジンを搭載するのがトレンドなのです。

金額は国産車より平均的に多少割高ですが、そこだけを克服できれば非常に個性的で良い車があります。大雑把な目安ですが、国産の新車価格と輸入車の3年落ち中古価格がだいたい同価格だと思って下さい。

輸入車のファミリーカーで一番の候補が、ドイツの「フォルクスワーゲン」のゴルフです。フォルクスワーゲンは毎年トヨタと生産台数世界一を競う会社で、日本でも最も多く走っている車なので、知らない人はいないはずです。その性能や能力はずば抜けていて、多くの車のスタンダードといっても過言ではありません。最近では「2013-2014年・日本カー・オブ・ザ・イヤー」や「北米カー・オブ・ザ・イヤー2015」を受賞しています。その性能と先端技術が世界で認めれた証拠ともいえます。この車なら自信を持って、ファミリカーとして購入をお勧めする事が出来ます。

二番目の候補が、アウディA3です。この車は同じくドイツの「フォルクスワーゲン」が親会社になっているので、その性能の高さと技術は折り紙つきです。セダンとステーションワゴンタイプのボディなので荷物が多く積めるのが特徴で、それでボディが大きすぎないので日本の狭い道でも走りやすく、また小回りもしやすいので運転しやすい車といえます。この車は日本では特に、女性に人気があります。鮮やかな赤い色が印象的で、また女性誌を中心に宣伝されたので、それが影響をしていると思います。この車なら母親が小さな我が子と買い物で乗っても便利で、かつオシャレだといえます。アウディは高級ブランドでエンジンが大きな高級車もラインナップでありますが、その小型車版なので高速道路などでの安定感は抜群で、日本車にはないシートに座り心地なので長時間運転でも疲れにくいのも特徴です。

最後に紹介するのが、北欧スウェーデンが誇る自動車会社「ボルボ」のV40です。この車は何よりエレガントなそのボディが特徴です。ゴルフやアウディと比較して、日本ではそんなに走っていないので、目立つことは間違いありません。中身もトヨタと同程度またはそれ以上の安全技術と耐久性があり、そん信頼性も群を抜いています。それだけでなく国産車に負けない室内の快適性と、サスペンションやハンドリングにも徹底的に拘った一台なので、運転する度に走る喜びを感じられるはずです。ドイツ車とはまた違った角度から車を追求したものなので、国産車やドイツ車以外で購入を考えている人には、いちばんのお勧めといえます。

この三台が輸入車の中で、ファミリーカーとして最もお勧めできます。もちろん好きな車は千差万別なのでこれ以外にも良い車はあります。しかし、日本独特の四季がある気候と狭い道路や駐車場、国産車に負けない安全性や快適性を求めえると、この三台は購入選びの候補には間違いなく入ります。
軽自動車でパワー不足や高速の不安定さを感じ、また国産ファミリーカーが没個性で面白みがないと思うのなら、海外の車は非常に魅力的で個性的だといえます。

日本車ではない「シトロエンC3」をファミリーカーとしてを楽しもう

輸入車の中でもフォルクスワーゲン・ポロやプジョーと並んで
とっても人気のあるシトロエン。

輸入車がはじめての方にも乗りやすい車だと思います。

継ぎ目のない、大きなウインドウは開放感があり
乗っていて楽しい車であることは間違いありません!

実用性と満足感を兼ね備えた車ですので
大人4人がゆったりと乗れる広さで住居性も良し。

屋根まで伸びた大きなフロントウインドウをもつ
スペシャル感のあるコンパクトハッチバックのC3。

独創的なデザインとユニークなアプローチで知られるシトロエンですが
ヨーロッパ車だけあって、デザインがやっぱりおしゃれ!

かなり魅力的なコンパクトハッチバックのC3。

ダッシュボード周りのデザインが凝っていて
日本車との違いを感じさせてくれる細かいデザインがにくいです。

ユーザーを幸せな気持ちにさせて
遠くまでドライブしたくなってしまう「シトロエンC3」です。

車についての問題点ではありませんが
購入時に販売拠点が限られることがネックですね。
試乗をするのにも近くにお店の無い方は大変です。

後は事前に自分の車下取り相場を知りシトロエンを購入する!