新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?

10202508_201602

現代は車の生活が当たり前になり、車はなくてはならないものになりました。また、エコな車が流行しており、中でもハイブリットはその燃費の高さからとても人気があり、今後発売する車はハイブリットが主流になることでしょう。

そこで、ホンダから新たなハイブリットカーが発売されました。
「新型ホンダ オデッセイ ハイブリッドの実力は?燃費・室内・価格は?」の続きを読む…

ホンダ「シャトル」の評判は?ファミリーでの使いやすさ、燃費はピカイチ!

fno34ntp352y
最近は、エコカーが注目され、特にハイブリットカーはユーザーがとても注目するところです。ハイブリットカーは、セダンタイプの車両に多くて、ワゴンタイプでハイブリットカーというのはなかなか車種がありませんでしたが、ワゴンタイプのハイブリットカーをラインナップする注目の新型車が発売されています。それは、ホンダのシャトルで、その性能や装備などに関しては目を見張るものがあります。

なんといっても燃費がいい。

ホンダシャトルの特徴は、何といってもハイブリットモデルの存在です。
シャトルのラインアップとしては、ハイブリッド車として、1.5リッターのエンジンに7速オートマ
チックを搭載した「ハイブリッド」、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」とガソリン車として、1. 5リットルの無段変速オートマチックを組み合わせる「G」がラインナップしています。
ハイブリッド車はクラストップとなる34.0km/L(JC08モード)という燃費性能を記録しています。
30km/Lを超える燃費性能は驚異的で、ワゴン車でこれだけの燃費性能を有していれば、遠くへ出かける際にも頻繁な給油が必要なくまたガソリン代の節約に貢献してくれることは間違いありません。
優れた燃費性能を達成。
そして、燃費性能にこだわりながらも、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて 4WD仕様を設定している点も驚くところです。悪路が多いところや雪が多い地域などでは4WDは必需品ですが、4WD車は燃費が悪いのが唯一の弱点でしたが、シャトルでは4WD車でも低燃費を記録しているので、これまで4WD車で低燃費な車を欲していた地域における新しい需要を開拓する可能性があります。

デザインは意外と良い!!

プリント
シャトルに関して、まず外観のデザインは、フロントマスクがとても引き締まっていてかっこいい印 象をうけます。また、車自体は全体的に流線型で、ワゴン車と言えば少し四角い独特の形をしています が、シャトルはワゴン車ということを感じさせない美しいフォルムをしています。
室内に関してもまず、運転席の質感が上質です。エンジンをスタートさせた際のスピードメータあ たりの各パネルが点灯する演出や、メーター周りのデザインも近未来的でとてもオシャレです。また、 ハイブリットモデルであれば、タコメーターがないので、メーター周りがとてもすっきりしたデザイン で見やすいのが特徴です。
また、シフトノブのデザインもとても個性的で、小型のシフトノブは以外に操作性が良いのと、そのシャープなデザインがハイブリットモデルにはとてもマッチしています。
シートも若干バケットシートのようなつくりになっていて、体全体を包み込むような形になっているので、運転しやすい設計となっています。座り心地もクッション性が良くて、長時間のドライブでも疲れ知らずで運転できます。

価格は169万円から~

プリント
ホンダシャトルの価格に関しては、ガソリン車のGグレードの169万円台の最安価格から、ハイブリットの254万円までの価格がラインナップされていますが、車両本体価格がハイブリットの最上級モデルでも250万円台というのはとてもお得感があります。

ハイブリット車はバッテリーが高くつくため、ガソリン車よりも50万円ほど高く設定されますが、
ハイブリットモデルでも、シャトルであれば、300万円を切る価格でも購入できますから、ミニバンのハイブリットモデルがとても高くて購入できないといったユーザーにも購買意欲を駆り立てる車だといえます。

ハイブリットカーは欲しいけれど使い勝手がいまいちで、ミニバンのハイブリットタイプは高すぎるといった悩みを抱えている人には特におすすめできる車です。この車であれば、低燃費なので遠出も気兼ねなくできること間違いありません。

新しい中型ミニバンの形「新型ステップワゴン」

中型ミニバンといえば日本では完全ファミリータイプのミニバンとして大人気となっています。
自動車メーカー各社もこのクラスのミニバンにかなり力を入れているようですが、現在少し遅れ気味なのがホンダのステップワゴンで、人気も販売台数も日産セレナやトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟よりも落ち込んでいる状態となっています。

その状況を打破するためにホンダはステップワゴンのフルモデルチェンジ。
2015年4月に発売されて基本的には現行モデルと同じようなものですが、大きく変わる部分もあるようです。
その一つがリヤゲート、中型ミニバンのリヤゲートというのはワンボックスカー時代からずっと使い続けている上下開きのものですが、今度のステップワゴンにはその上下開き機能に加えて左右開きもできるようになっているのです。
わくわくゲートと呼ぶようですが、テールゲートの右から1/3の位置にヒンジを付け、その左側を左右開きの形で開閉することができるようになっています。
よくある観音開きの逆バージョンといった方がわかりやすいかと思います。
そしてそれだけでなく、今までと同じようにリヤバンパーのすぐ上から大きく上にリヤゲートを開くこともできるというのです。
非常にユニークな構造を持っています。

ホンダは昔から他の自動車メーカーがやりそうでやらないことを
実現することが多いところなのですが、たいがいの場合一時の物珍しさで終わってしまうことが多くなっています。
しかし、このわくわくゲートは結構使えるのではないでしょうか。
それから大きく変わったのはエンジンです。
中型ミニバンと言えば、2リッターのNAエンジンを使うのが定番となっていますが、新しいステップワゴンでは、ダウンサイジングターボということで1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンを採用し、パワーは200ps程度のものとなるようです。
200psといえばトヨタのスポーツモデルの86と同じ、スポーツモデルと同じパワーを持つミニバンとは何かワクワクしてきます。
燃費清野は20km/L前後とされていますが、そろそろ燃費性能云々というのも時代遅れのような気がしますが、一番生活に密着した車ですのでそういったことも重要なのかもしれません。
噂によれば2リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルも出るそうなのですが、それはだいぶ遅れて発売されるようです。

「ジェイド」ホンダから新しいミニバン登場!ファミリーカーとしても使える!?

ホンダの大型低ルーフミニバンである旧型オデッセイの取り回しが悪いという欠点を補うために作られたストリームですが、あまりパッとした人気が出ないままつい最近生産終了してしまったのですが、実は後継モデルが開発されていました。
その車の名はジェイド、すでに中国などでは販売されているのですが、どうやらそれを日本仕様に作り替えたものが2014年の年末あたりに発売されるようです。
ボディ形状は先代ストリーム同様の低ルーフスタイルのもの採用し、全長こそ5ナンバーサイズですが、全幅が広がる予想で3ナンバーモデルとなるようです。
エンジンはホンダが新しく開発した200psの1.5リッターVTECターボエンジンで、2リッターNAエンジンのダウンサイジングターボエンジンとして採用されます。
それからハイブリッドモデルも用意されるようで2リッターNAエンジンにハイブリッドシステムが採用されるらしいです。
キャビンの中にはストリーム同様に3列シートが設置され、2+3+2の7人乗りとなりますが、サードシートは相変わらずチープなものになるようです。ですから、6人家族となると子供が小さくない限りは窮屈になるかと思われます。
実際ファミリーカーとして使えるかというと、4人家族であれば問題なく使えそうですし、荷室も広くキャンプなどのアウトドアにもしっかり活躍してくれそう!

ホンダフリードはミニバンっぽくないところがいい!

国産小型ミニバンの中で一番の売り上げを上げている車がホンダのフリードです。
フリードは先代フィットのプラットフォームを使って作られた小型ミニバンで、エンジンからシャシー、トランスミッション、足回りに至るまで先代フィットと共通のものを持っています。
ボディのデザインもどことなくフィットを思い起こすようなものとなっており、ミニバンミニバンしていないところが好感を持てます。

fgigrt

しかし、キャビンは広いとは言えません。
この辺はさすがコンパクトカーベースのミニバンです。
一応、3列シートは持っていますがサードシートはどう見てもエマージェンシーシートでこのシートに長い時間座り続けるのはごめんです。
この車も他の小型ミニバン同様にセカンドシートまで使う形でサードシートは折りたたんでラゲッジスペースにするか、チャイルドシートなどを付けるための場所と割り切りましょう。

最初からサードシートなどいらないというからはミニバンのフリードではなく、トールワゴンのフリードスパイクという手もあります。
この車はフリードからサードシートを取っ払った車で基本は全く同じです。
家族の人数が4人ぐらいまでだったら最初からこちらを選ぶという手もあります。

フィットシャトルは実はかなり使えるファミリーカー!

ホンダの大ヒットコンパクトカーであるフィットをベースにして作られたステーションワゴンがフィットシャトルです。
フィットをベースにしているといっても現行モデルのフィットではなく先代モデルのものを使っているのですが、コンパクトカーとして作られたフィットベースにしては意外と広いキャビンを持ち、4人乗っても余裕すら感じます。

10202034_201404

全幅が狭いため横に大人3人が座るのは少し窮屈ですが、後ろの子供たちを座らせるのであれば3人座らせることも可能です。
ステーションワゴンですのでリヤのラゲッジスペースの容量もたっぷりで家族全員で3泊までの旅行であれば荷物も余裕で収まります。

パワーユニットは1.5リッターガソリンエンジンと1.3リッターエンジンとハイブリッドシステムであるIMAを持つハイブリッドとなっており、ハイブリッドモデルは25.2km/Lという優れた燃費性能を持っています。
トールミニバンのように全高が高い車ではありませんので繁華街のタワーパーキングなどに止めることができますし、乗用車感覚で運転することもメリットになると思います。
大きな荷物もリヤシートを倒せば最大で180センチくらいのものであれば積み込むことができるので、家具などを買いに出かける時にも使うことができます。
コンパクトカーの割にはかなり幅広い使い道があるのでファミリーカーとしても優れていると思います。

ホンダN-BOXは軽ファミリーカーとしてかなり使える!

ホンダはあまりファミリーカーを作るのが得意ではありませんが、この軽自動車のN-BOXではかなり頑張りました。
分類的にはスーパーハイトワゴンになるので、キャビンの広さと高さが折り紙付きです。
140センチという室内高は小学生中学年ぐらいの子供であれば余裕で立って移動することができます。
フロントシートとリヤシートの間隔も結構余裕があるのでかなり広く使えると思います。

viurgr

この車もほかの軽ファミリーカーと同じようにお父さんとお母さん、そして子供二人までとなりますが、無駄に大きくて広いミニバンなどよりも効率よく使えるのではないかと思います。

この車が他のスーパーハイトワゴンと大きく違うところはリヤシートの座面を跳ね上げることができる点です。
リヤシートにはスライド機能を持たないので、わずかに付けられたリヤラゲッジスペースを少しだけ拡大するということができないのですが、その代わりリヤシートの座面を跳ねあげてシートとシートの間の積むことができるようになっているのです。

ただこの形にするとリヤシートが部分的に使うことができないので、最大で3人までしか乗ることができなくなってしまうのですが、立てて乗せなければならない荷物などでもリヤシートをたたまなくでも積むことができるのでそういった面ではメリットとなるでしょう。

ファミリーカーと言えばステップワゴン?

ホンダの車で一番ファミリーカーとして適している車がこのステップワゴン、ライバルの日産セレナやトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟などと同じ、典型的なファミリーミニバンである中型ミニバンクラスに属する車です。

biufvrgt

5ナンバーボディに2リッターNAエンジン、3列シートに電動スライドドアというまさに中型ミニバンらしい作りを持っており、インテリアも完全のファミリー向けのものとなっています。
エンジンは2リッターのi-VTECエンジンでこのクラスでは標準的なものとなる150psを発生させます。
この車の最大の特徴は低床・低重心設計がもたらす広いキャビン、全高こそ他の中型ミニバンとそれほど違いがないのですが、フロア面が低いのでおのずと室内高が高くなるのです。
更に重心が高くなるのが当たりまえのトールミニバンで重心を低くすることは走行性能や安全性能のも大きくかかわってくるのです。
こういった車作りがまさにホンダらしいところで、使い勝手は他の中型ミニバンとあまり変わらないのにも関わらず、走行性能面でこのステップワゴンを選ぶ方もいるぐらいなのです。
この車にはセカンドシートが独立した7人乗りとベンチタイプの8人乗りがありますが、小さい子供がいるファミリーであれば8人乗りを、それなりに大きくなってちゃんと座っていられるぐらいの子供がいるファミリーであれば7人乗りでも大丈夫でしょう。
この車ならおじいちゃんやおばあちゃんを誘って旅行にも行けます。