350万円以下のおすすめファミリーカー

結婚して家族が増えてくるのはとても喜ばしいことです。しかし、家族が増えれば独身時代のように行かないこともたくさん出てきます。その最たるものが車です。
独身時代には自分の趣味に合うものを買ったり自分の給料に見合った車を選んでいました。しかし、家族が増えてきて子どもが大きくなってくるといつまでもそういう訳には行きません。遠出をするとき、学校の付き合い、習い事で、など様々な場面で車は必需品になってくるのです。荷物をしっかりつめるものが良かったり、たくさん人数が乗れるものが良かったりとその場面によって違います。今回はそんな中でもおすすめなものを三つご紹介したいと思います。

トヨタヴォクシー


まず最初にご紹介したいのはトヨタのヴォクシー、もしくはノアです。新型にチェンジしてその人気も好調でファミリー層をターゲットとして売り出しているのでその戦略もドンピシャです。その魅力はどこにあるのかといいますと、やはりハイブリットであるというところではないでしょうか。車は維持費がかかります。少しでも低燃費のものを乗りたいと考える家族もたくさんいます。そこに来てこのサイズのミニバンのハイブリットというのは本当に魅力的です。またガソリン車であったとしても燃費は16キロと素晴らしい低燃費です。価格はハイブリットになるとオプションをいくらか付けて大体350万程度で少し高めです。更に税制のメリットもヴォクシー、ノアのガソリン車に比べるとそこまでのお得感はありません。それでもやはりハイブリットを強く勧めるのはこのガソリンの価格が高くなっている時代に低燃費というのが最大の魅力だと思います。燃費は23キロでとにかく車内が静かであるというところが大きな魅力だと思います。

日産セレナ


次にご紹介したいのは日産のセレナです。こちらもミニバンでターゲットはファミリー層です。売れ行きも好調なようでヴォクシーやノアに比べると車体価格が低いところも魅力の一つです。先進安全装備に力を入れており、歩行者や車両を感知して衝突を避ける「エマージェンシーブレーキ」や車線を外れて走ると警告音がなる「LDW」を搭載しています。マイナーチェンジして内装や外装も大きく変わりました。シートアレンジや視界の良さを魅力に挙げる人も多いです。サードシートの乗り心地も抜群のようです。シートアレンジを楽しみたい人や、用途によってシートアレンジを頻繁に使うという人にはセレナの方が魅力的かもしれません。価格も一番安いものになると224万円ぐらいから買えるようなのでお財布にも優しい車だと思います。

ホンダステップワゴン


最後にホンダのステップワゴンをご紹介します。ステップワゴンの魅力は室内空間の大きさだと思います。子どもが小さいうちは車内は広いに越したことはありません。お菓子を食べこぼしたり、外出先で紙パンツを変えたりすることを考えれば室内は大きい方が何かとストレスになりません。運転席の足元もエルグランドと同じぐらい広いようで、運転時のストレスも軽減されるのではないでしょうか。また年間の走行距離が多い方は240ccのエンジンを搭載しているステップワゴンの方が利便性があるようです。ホンダ車の特徴である力強い走りを体感するにはやはりこの車がいいのではないでしょうか?更にチェンジも5速あるようで他のライバル車にはない魅力の一つです。両側スライドドアもありますが、これはあまり使用頻度が少ないようです。燃費は平均して10キロ程度とライバル車に比べると少しコストがかかります。しかし、本体価格は一番グレードの高いものを買っても280万程度ととても安い印象を受けます。

以上、3車種をご紹介しました。お財布と相談しながら自分の用途に合うものや好みで車選びを楽しんでくださいね。

コメントを残す