輸入車でおすすめなファミリーカー

車選びというのは、最も楽しい高額買い物の一つです。どれを購入するか、あれこれ悩むのは車好きではなくても、楽しいものです。車といえば国産の軽自動車ばかりを考えてしまう人も多いと思いますが、最近の輸入車はその独特のセンスや最新技術、日本の車にはない快適性や乗り心地があり、車が好きな人以外からも評価が高く、購入されている人も年々増加傾向にあります。

あなたが独身なら好きな車を購入する事が出来ますが、結婚をして家族が増えたら奥さんや家族の言い成りで車を選んでしまっていたと思います。興味がなくデザインも悪いけど、燃費だけは良い国産車を我慢して乗るのなら、一度ぐらいは反発して輸入車を購入してみる事をお勧めします。輸入車といっても最近は、日本車に負けないファミリーカーや小型のタイプも多いのです。日本市場だけでなく世界的にも、エンジンを小さくしターボエンジンを搭載するのがトレンドなのです。

金額は国産車より平均的に多少割高ですが、そこだけを克服できれば非常に個性的で良い車があります。大雑把な目安ですが、国産の新車価格と輸入車の3年落ち中古価格がだいたい同価格だと思って下さい。

輸入車のファミリーカーで一番の候補が、ドイツの「フォルクスワーゲン」のゴルフです。フォルクスワーゲンは毎年トヨタと生産台数世界一を競う会社で、日本でも最も多く走っている車なので、知らない人はいないはずです。その性能や能力はずば抜けていて、多くの車のスタンダードといっても過言ではありません。最近では「2013-2014年・日本カー・オブ・ザ・イヤー」や「北米カー・オブ・ザ・イヤー2015」を受賞しています。その性能と先端技術が世界で認めれた証拠ともいえます。この車なら自信を持って、ファミリカーとして購入をお勧めする事が出来ます。

二番目の候補が、アウディA3です。この車は同じくドイツの「フォルクスワーゲン」が親会社になっているので、その性能の高さと技術は折り紙つきです。セダンとステーションワゴンタイプのボディなので荷物が多く積めるのが特徴で、それでボディが大きすぎないので日本の狭い道でも走りやすく、また小回りもしやすいので運転しやすい車といえます。この車は日本では特に、女性に人気があります。鮮やかな赤い色が印象的で、また女性誌を中心に宣伝されたので、それが影響をしていると思います。この車なら母親が小さな我が子と買い物で乗っても便利で、かつオシャレだといえます。アウディは高級ブランドでエンジンが大きな高級車もラインナップでありますが、その小型車版なので高速道路などでの安定感は抜群で、日本車にはないシートに座り心地なので長時間運転でも疲れにくいのも特徴です。

最後に紹介するのが、北欧スウェーデンが誇る自動車会社「ボルボ」のV40です。この車は何よりエレガントなそのボディが特徴です。ゴルフやアウディと比較して、日本ではそんなに走っていないので、目立つことは間違いありません。中身もトヨタと同程度またはそれ以上の安全技術と耐久性があり、そん信頼性も群を抜いています。それだけでなく国産車に負けない室内の快適性と、サスペンションやハンドリングにも徹底的に拘った一台なので、運転する度に走る喜びを感じられるはずです。ドイツ車とはまた違った角度から車を追求したものなので、国産車やドイツ車以外で購入を考えている人には、いちばんのお勧めといえます。

この三台が輸入車の中で、ファミリーカーとして最もお勧めできます。もちろん好きな車は千差万別なのでこれ以外にも良い車はあります。しかし、日本独特の四季がある気候と狭い道路や駐車場、国産車に負けない安全性や快適性を求めえると、この三台は購入選びの候補には間違いなく入ります。
軽自動車でパワー不足や高速の不安定さを感じ、また国産ファミリーカーが没個性で面白みがないと思うのなら、海外の車は非常に魅力的で個性的だといえます。

コメントを残す