新型アルファードの評価ってどうなの?

今年のはじめに売りだされたトヨタの新型アルファードの売れ行きは、とても良くて快進撃を続けています。
最高級グレードだと500万円オーバーにもかかわらず調子がいようです。

新型アルファードの特徴はなんと言っても、走る快適性を限り無く追求している点です。
ただ走るだけでなく静かな走行で、ストレスが溜まるどころか走る楽しみを覚えてしまいそうな車です。
そこにはドライバーの安心安全せいを高めてくれる機能が盛りだくさんです。

画期的なドライブアシスト

駐車場で車を停める時は、慣れている人であっても大変名場所があります。
駐車スペースが狭い場所や車と車の間に停めることに苦労することが少なくありません。
アルファードのドライブアシスト機能を使うと、バックモニターに写しだされる映像を車自体がセンサーで自動判断して駐車してくれるのです。
これだと大型車の運転に慣れていない女性の人でも楽に操作できます。
また、車の周りには見えない障害物があり運転に困る場合かありますが、モニターに写しだされる外の映像はドアやボディを透かしたような透過的な映像なので、これも狭い所で動かすには心強い機能です。
また、お買い物の荷物で両手が塞がっていてもドアの開閉が自動で行われる昨日もあり、ドライバーの負担を一切かけない点も心憎い機能かもしれません。
走行性については、先述の通りの素晴らしさですが、SUPER CVTで身体に負担をかけない加速性を実現していますし、エコにも配慮がなされ、このクラスの排気量では考えられないほどの燃費も実現しています。
ハイブリットタイプなくても10kmをオーバーしているので画期的ではないでしょうか。
CVTのみおかけで快適な加速性を感じることができると当時に、高燃費を可能にしている所が他車の追随を許さない所以でしょう

一方、中の居住性はどうでしょうか。

まさにエグゼクティブクラスの快適性、居住性と言ってもかこんではありません。
従来車よりかなり向上しており座り心地がいいたげではありません。
包まこれるようなバケットシート的なカンジの中にも高級者ならではの沈み込むような感覚に陥ることでしょう。
そんなシートはまるで、飛行機のファーストクラスを想像されるのではないでしょうか。
シートアレンジの申し分なく、フルフラットは当然ながら移動す豪華なキャビンを連想させてくれるはずです。
走る楽しみと居住性を楽しむことができる最強のみにばんとしての言えるでしょう。
新型アルファードは発売と同時に予約が殺到しており、オーダー後三ヶ月程度はかかるのが実情です。
最高級クラスになると700万円になるのですが、人気が集中しています。
驚くことは旧アルファードのオーナーが購入するケースも少なくないことだとか。
矢張りアルファードの良さを身体で分かっていらっしゃるオーナーばかりなのでしょうね。
街の中にあるトヨタの販売店でもアルファードの試乗体験のコーナーが大々的にPRされていますが、見る度に試乗で車が出て行っている感じです。

気になる納期、値引きは?

納期については2015年7月現在では、およそ6か月待ちとのこと・・・
ですから今注文すればギリギリ年内納車が出来るかどうかきわどいところですね。

値引き額はまだ発売されて日が浅いですし、売れ行きがいいのでディーラー側は強気でせめて来ます。
ですから、過度の期待は禁物です。うまくオプションを加えて、値引きを引き出すのがポイント。

新型アルファードの売れ行きにディーラーは困っている

先日、近くのトヨタ販売店に行くと知り合いの営業マンが言っていました。
「他の車も紹介したいんですが、今は試乗も商談もアルファードばかりで、ありがたくも困ってます。」
と苦笑していました。
お店の中に座っているとおとずれるお客さんは或るばかり見て触っています。

若い奥様方も
「これだよ!これにしよ!」
と気軽にご主人に言ってる所を。見ると本当にアルファードが男性だけでなく女性にも人気のある車だなと思いました。
走る楽しみだけでなく、車の中での楽しみも見つけることができそうな期待大の車です。
今年の夏休みに向かって、新型アルファードの購入計画をしている近所の人もいるくらいですから。
長く付き合えるミニバンだと思います。

コメントを残す