新型ヴェルファイア 評価

トヨタ最高級ミニバンともいえるヴェルファイアがモデルチェンジして発売されています。ヴェルファイアといえば、内装の豪華さが際立ちますが、今回のモデルチェンジによってどこが変わったのか簡単にご紹介します。

外観はホイールベースが伸びた

外観上で大きな変化となったのは、見た目に全長が長くなったという点です。旧モデルでもその大き さは迫力がありましたが、旧モデルよりさらに、全長、ホイールベースを長くしたこ とにより室内空 間を広く取るとともに、外観上も更に迫力が増したといえます。

室内空間は助手席シートがロングスライドが可能に

室内空間で大きな変更があるのは、助手席シートがロングスライドが可能になっている点です。
ロングスライドレールの採用により、1160mmのスーパーロングスライドを世界初として可能にしています。
シートのスライド範囲の改善で、助手席の空間が更に広くなり、足を伸ばしながら快適なドライブがさらに可能になります。長身の足の長い人でも余裕で助手席に乗ってもらうことが可能になっていま
す。

前モデルより排気量がアップ

新型ヴェルファイアでは、エンジンが、2.4のガソリンエンジンが、2.5へと 排気量がアップされています。3.5エンジンはそのまま据え置きとなっています。2.5のエンジンへ排気量アップしたことにより、当然の結果として車のパワーがアップして、重い車体も余裕で動かしてくれます。ガソリンエンジンは排気量がアップしたといっても、JC08モード燃費
11.6km~12.8kmという燃費性能で、重たいボディを動かしている中ではなかなかの燃費性 能といえます。走行中もエンジン音が気になりませんし、パワー不足によるストレスというものも感じられません。
また、サスペンションも改良が加えられてのり味が向上しています。リヤサスペンションがトーショ ンビームからより乗り心地や操縦安定性に優れているダブルウィッシュボーンに変更された点も注目するところです。広い室内空間を確保しながら、走行時の安定性や衝撃を吸収することによる室内の居住性を快適に保つということを実現しています。

インテリジェントパーキングアシストシステムを採用

毎日の生活を便利にする装置として、近づくだけでスライドドアがオープンする世界初のウェルカムパワースライドドアを採用しています。買い物時に両手がふさがっていてもドアを開閉することができ る画期的な装置といえて、今後トヨタのスライドドア搭載車両の主流になる予感がします。
さらに、駐車時の車庫入れをサポートするインテリジェントパーキングアシストシステムを採用し
て、大型の車体でも用意に車庫入れを実現することが可能になっています。何度も切り返しをしてもその際にサポート機能が働くようになっているので、車庫入れが苦手な人も安心といえます。

最上級モデルは700万越え

新型ベルファイアの気になる価格ですが、
・ 最上位のハイブリッドモデルが、7036691円
・ 一番お得なモデルが、3197782円
というピンからキリまでの価格設定となっています。
装備されている物の充実度からいって、実際のところは500万円あたりが最も良く売れる価格帯で は無いかと思われます。
値引きに関しては、目標値は50万円前後といたところです。ネット上のクチコミを見てみても一番 多い値引き額がこの金額です。車両本体価格が高額ですから、目標値として無理な価格では無いと思えます。

納期はいつになる?

2015年7月現在ではおよそ半年以上は待たないといけないらしいです。
ですから、今から注文しても今年中の納車は難しいかもしれませんね・・・・

非の打ちどころがない買って損しない車

高級ミニバンを求める人にとっては、理想的な車です。まさに快適なドライブを家族で楽しむことが 出来る車で、車に上質な乗り心地が快適装備を求める人は買って損しない車といえ、運転をサポートす る機能が充実していて、購入してからも長く乗ることが出来るおすすめの車です。

新型アルファードの記事も合わせて読むならコチラ

コメントを残す