新型ハリアー 評判

ダウンサイズ化でも室内広々!?

rn3it34

トヨタハリアーを選択する意味はハイクオリティーなSUV車を所有することであるとされており、内外装に亘る質感の高さや動力性能に優れたエンジンに感動する報告が多数寄せられております。現在販売されているトヨタハリアーは3代目となるのですが、前モデルと比較した場合にボディサイズがダウンサイズ化されているにもかかわらず、居住スペースが向上している点に高い評価を得ております。具体的な数値としましては後席におけるスペースが47mm広くなっておりますので、後席に乗り込むとかなり実感できるとされております。

さらに外観における評価なのですが、ダイナミックとスタイリッシュをうまく融合させたデザインに人気があり、概ね良好な評価となっております。また内装面における特徴としましてはダッシュボード部分などの質感の高さに感動する声が多く、その理由として本革風の処理がなされていることが挙げられております。またインパネ部分における評価も秀逸とされており、オプティトロンメーターの視認性の良さは安全運転に繋がるばかりか、運転する楽しさをも増幅するとされております。

進化した?パワー十分のエンジン

3代目トヨタハリアーには、2リッターガソリン車と2.5リッターエンジンプラスハイブリッドシステム搭載車が用意されております。まず2リッターガソリン車なのですが、基本的な動力性能としましては151馬力であり、JCO8モード燃費がFF車でリッター16キロおよび4WDタイプで14.8キロから15.2キロとなっております。そしてこの動力における評価なのですが、車格からすると上り坂における動力性能に若干の不満が残るものの、パワーモードが用意されておりますので積極的な活用により快適なドライブフィーリングを得ることが可能とされております。このパワーモードとはCVTにおける変速制御のタイミングを変更するものであり、加速感に優れたアクセルフィーリングを楽しむことができるように設定されているものであります。

逆に燃費重視の運転を心がける場合にはエコモードが用意されており、緩やかな加速となるように設定することが可能となっておりますので、自分の運転ポリシーにフィットさせたモードを選択することが推奨されております。それから2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッドモデルの動力性能評価なのですが、こちらはエンジンとモーターのコンビネーションにより得られるパワーが197馬力となっておりますので、上り坂に関しても不満の無いレベルであるとされております。しかもエンジンとモーターのコンビネーション性能自体が格段に進化しており、コーナーリングからの立ち上がり時において絶妙な動力性能を体感することになるとされております。

安心のブレーキシステム搭載

トヨタハリアーには衝突事故を回避するために様々なブレーキシステムが搭載されており、その高い性能に注目を集めております。プリクラッシュセーフティシステムの搭載により、運転時の危険回避を補助する高い機能を有していることになります。さらにインテリジェントクリアランスソナー、レーンディパーチャーアラートがステアリング制御付きで搭載されており、この機能を有していることによりまして車線の逸脱をオートマチックにコントロールすることが可能となっております。

もちろん全ての場面におきましてコントロールが可能ということではないのですが、運転者の不意なミスをカバーする機能としては大きな意味を持っていると考えられており、確実に事故の軽減につながるとされております。そしてこのトヨタハリアーにおけるベストチョイスとしましては、グレードとしてエレガンスが推奨されており、その理由としては基本性能と価格面のバランスが最もとれている点が挙げられております。

コメントを残す