新型プリウスはファミリーカーとしてどうなの?

bgieg
2015年10月に開催された東京モーターショーで展示されたことによって注目を浴びている新型プリウスが12月9日より発売されます。今回が4代目となるプリウスですが、今までのプリウスとは違い、斬新なデザインで話題になっています。低燃費だけじゃなく、安全性や広さを売りとしたプリウスがファミリーカーとして所有する魅力について紹介していきます。

■家計に優しい40km/Lの超低燃費

新型プリウスは40km/Lという国内トップレベルの低燃費となっています。トヨタの販売している低燃費車アクアでも37km/Lなのでかなり燃費代を節約することができます。例えば20km/Lで燃料タンクが40Lの車に乗っていて、毎日40km程度の運転をしていたとします。20日に1回給油をしないといけないですが、
40km/Lの場合は40日に1回、つまり1か月以上給油しなくて済むのです。レギュラーガソリンの価格が120円/Lの場合、1か月の費用は7,200円に対し、40km/Lの場合は3,600円と半分も節約できるのです。
通勤や子供の送り迎えがなどで車を使わないといけないこともあるのでその手間とガソリン代が節約できるのは家計に優しい車だといえるでしょう。
燃焼効率40%を超える技術があるからこそ40km/Lという超低燃費が実現できています。

■最新技術によって広い室内空間を実現

新型プリウスのボディは長さ4540mm×幅1760mm×高1470mmと全世代よりも広く低くなっています。TNGAと呼ばれる「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」という最新の技術が採用されています。今までのプリウスは2~4人乗りのイメージでしたが、今回のプリウスは4~5人乗っても余裕のある空間があります。また、バッテリー搭載位置を後部座席の下に移動したことによって、トランクが広々になりました。ゴルフバックが4つ入るほどの大容量です。何かと荷物が多くなるファミリーに嬉しい設備です。

■ファミリーカーに最適な4つの安全機能

新型プリウスでは4つの安全機能を搭載しています。
1つ目は自動車や人を検知して自動でブレーキをかける機能です。カメラやレーダーのセンサーによって衝突の危険性を検知することができます。また、衝突の危険性を運転者へ事前に警告することで衝突回避の行動を促す機能もあります。
更にブレーキを踏む力をサポートする機能もついているため、お年寄りや女性の運転でも安心です。
2つ目は前方車との車間を安全に保つ機能です。ゴールデンウィークや年末年始など長距離移動が多くなる時に予め設定した速度で前方車と一定の間隔を取りながら運転することが可能です。追従機能があるため渋滞のときもいちいち減速、加速をせずにすみます。
3つ目は車線を超えたときに通知する機能です。ウインカー操作を行わずに車線変更をしようとすると警告がでてきます。家族旅行に疲れてついつい居眠り運転をしてしまうなどの危険性から守ることができます。
4つ目は自動でハイビーム、ロービームを切り替えてくれる機能です。夜道や霧の時などは視界が悪かったりするのでハイビームにしがちです。対応車がくる度にいちいち切り替えを行わないといけかったのですが、この作業を自動的に行ってくれます。歩行者なども検知してくれるため、事故を事前に防ぐことも可能です。

圧倒的に維持費が安く、最新技術を駆使した安全機能が搭載されている新型プリウスはファミリーにぴったりの車であるといえるでしょう。
毎日の通勤・通学から家族で遠出するときまでさまざまなシュチュエーションで活躍することができます。
斬新なスタイルが「かっこいい」「かっこわるい」など賛否両論あり話題になっていますが、一度店頭で確認して試乗すれば新型プリウスの魅力が理解できるはずです。

コメントを残す