ミニバン 3列目 乗り心地いい

乗り心地の良さと収納タイプの関係性

車選びにおいて乗り心地を重視される方は多いと思いますが、3列目の乗り心地にはばらつきがありシートアレンジによっても差があるので選ぶ時にはどのタイプなのか確認する事も重要となってきます。収納タイプ等によって様々なアレンジがあり、その収納方法でも乗り心地は異なってきます。

大きく分けて4種類の収納方法があるのですが、一番いいのはやはりチップアップ式といってシートを前方にスライドさせて収納スペースを作るタイプです。このチップアップ式ではシートを変形させたりしないのでシート自体の作りもしっかりしていて座り心地は良くなります。しかし収納スペースがかなり狭くなり大きい荷物は乗らないので、使い勝手が悪く現在こちらのタイプはあまり見かけなくなりました。旧型にはこのタイプもありますが新型ではマツダのビアンテくらいでしょうか。
次にシートを完全にしまい込む事ができる床下収納タイプですが、こちらはシートアレンジとしては使いやすく収納スペースも広くとれるので使い勝手は抜群です。ただ、他のタイプに比べてシートの作りはやや簡易的なので乗り心地はあまり期待できません。このタイプで代表的なのはホンダのステップワゴンやオデッセイ等が挙げられます。
そして左右の壁にシートを上げてしまう跳ね上げタイプというものがあり、今現在こちらのタイプが一番多く採用されています。収納スペースもそれなりに確保されますし更にシートの作りもしっかりとしているので座り心地も期待でき、3列目の使用頻度が高く広く使いたい人にはオススメです。しかし車種によってはシートを上げるのに力がいる場合があるので、そういった車種になると女性やお年寄りには大変かもしれません。また、このタイプは座席を跳ね上げている際に後部の視野が悪くなるという弱点があるのでその辺りには注意が必要です。代表的なものとしては日産のセレナやトヨタのヴェルファイア等が挙げられます。

最後にシートを前方に倒す前倒しタイプですが、こちらはワンタッチで簡単に倒せて比較的小型なミニバン多く採用されているタイプとなります。収納スペースに関してはしっかり確保されますが、シートがやや薄くつくられているように感じ硬い印象があります。このタイプの代表的なものはトヨタのウィッシュや日産のエルグランド等が挙げられます。
この4つを乗り心地だけで判断すると、上からチップアップ・跳ね上げ・前倒し・床下収納という感じになります。あくなでおおまかな基準であり、ものによってはアレンジのわりに乗り心地がいいという事もあります。

それぞれの車のタイプと乗り心地の評価

上記の事も踏まえ代表的ないくつかのミニバンを比較してみます。
まずファミリーカーとして人気が高い日産のセレナですが、収納タイプは跳ね上げ式でシートは厚みのある作りになっています。柔らかさはそれほどありませんが座り心地はなかなか良いかと思います。2列目の真ん中にあるひじ掛けが運転席までスライドする仕組みになっているので、ひじ掛けを前にどかしてしまえばそこから3列目への移動が可能で乗り降りがしやすくなっています。広さはそこまで広いわけではありませんが窮屈さを感じる程ではないので長時間乗っていても苦になる事はないと思います。全体的に使い勝手が良く長く乗れる印象です。
同じ跳ね上げタイプの中にトヨタのヴェルファイアがありますが、こちらは座席にも高級感があり座り心地もミニバンの中でトップクラスと言えます。広々とした造りで乗り降りも無理なくでき快適に過ごせます。高級感を売りにしている車なので値段は他の車と比べ高めになっていますが、実用性や乗り心地等全体的にみて価格相応になっているのではないかと思います。

次にホンダのステップワゴンですが、こちらのタイプは床下収納式で3列目の座席は若干簡易的な作りになっていて座り心地も硬いと感じてしまうようなので、長時間の乗車は少し苦になるかもしれません。ワクワクゲートというものがバックドアについており、荷物の出し入れだけでなくそこから乗り込む事も可能で面白いとは思いますが実用性の魅力としては微妙に感じるところもあります。しかし収納スペースはかなり広くとれるので、あくまで補助的に3列目を使いたい人に向いている車かと思います。
同じタイプにホンダのオデッセイがありますが、ステップワゴン同様こちらもやはり3列目は補助的程度の作りなのでファミリーカーには向いていません。天井の高さはありませんが車内はわりと広く造られているので、足元は3列目でもそれほど窮屈には感じません。
そして日産エルグランドですが、こちらがは前倒し式で室内空間が広く造りも高級感があります。前倒しタイプの中ではシートの作りがしっかりしていてクッション性もあるので、座り心地も良く長時間乗っていても快適に過ごせるのではないでしょうか。
このタイプで他に代表的なのがトヨタのウィッシュになりますが、こちらはコンパクトなミニバンなので女性にも運転しやすいです。シートはやや硬めでそれほど乗り心地の良さは感じませんが、後ろにいくほどヒップポイントが高くなるように作られているので車内はわりと広く感じるかと思います。乗り降りに関しても2列目のシートの可動範囲が広くなっているのでそこまで不便に思う事はありません。
最後にマツダのビアンテですが、こちらはピックアップ式になっているので3列目の空間にはかなりゆとりを感じる事ができます。座り心地も良くゆったり過ごせるようにはなっていますが、収納スペースはやはり極端に狭く使い勝手も良いとは言えないので実用性と乗り心地どちらも欲しい人にはオススメできません。

乗り心地の良い車とそうでない車

上記でそれぞれの車の特徴と乗り心地について説明しましたが、乗り心地だけを重視するのであればやはりトヨタのヴェルファイアが飛び抜けて良い印象を持ちます。とにかく造りが豪華でシートのレベルもセルシオ等と比べて見劣りしない程なのでかなりレベルが高いと感じます。エンジンもパワフルで走行性能も高く、長時間のドライブもストレスを感じる事なく楽しめるのではないかと思います。次に優れていると感じるのがビアンテ、そしてエルグランド、セレナに続きウィッシュ、最後にオデッセイ、ステップワゴンとなります。
しかし空間の広さ、使いやすさ等総合的に考えるとセレナは全体的にバランスがとれていて優れているように感じます。多彩なシートアレンジも魅力ですし、その時の状況に応じて過ごしやすい空間を作り出す事ができます。シートの座り心地も悪くないので、この車なら生活のスタイルの変化にも合わせる事ができ長く楽しめるのではないかと思います。

残念ながらこの中で一番オススメできないと感じるのはステップワゴンで、やはり1・2列目に比べて圧倒的に3列目のシートの質が悪くあまりに簡易的な作りでクッション性がないので走っていてもかなりの振動を感じてしまいます。しかし収納力の高さは群を抜いていてキャンプ等たくさんの荷物を必要とする場合には大活躍するので、そういったアウトドアが好きな人にはうってつけだと思います。
他にも様々なミニバンがあり、3列目のシートの作りや快適さ使いやすさ等は個人によって感じる事も違うと思います。上記ではあくまで目安として説明しましたが、乗り心地の良さは車選びにとってもかなり重要なポイントになってくるので慎重に選びたいものです。快適な空間で過ごす為にそれぞれの性能を十分に理解した上で、自身の用途に合ったものを見つけていくのがいいかと思います。

コメントを残す