車中泊にぴったりなファミリーカー2

bri3t

◇トヨタのガイア

私が現在使っている車で:2WDの2000㏄・7人乗乗りのAT車です。燃費は一般道で10km/ℓ、高速道で13km/ℓほどです。高速道路でも安定した走りをします。燃料タンクは60ℓです。車高がやや高いため、強風が吹いている橋などでは、たまにハンドルを取られることがあります。

室内長は2565mm、室内幅1435mm、室内高1235mmです。車中泊用には2列目シートと最後部シートのヘッドレストを取り外して、2列目シートを前部に出します。その後2列目シートを背中側に倒すと同時に最後部シートを前側に倒します。これでフラットな空間ができます。

大人二人が足を伸ばして十分に寝ることができます。2列目シートの折り目の部分がややへこみ、前部がやや低くなりますので不要な毛布をしいて調整した後、レジャー用のマットを敷いています。ガイア専用のベッドも売られていますが2万円以上するので、ミニバン用のエアマットを持っている方はそちらを利用したほうが良いかもしれません。ちなみにお値段は8000円ほどです。大人二人は十分に寝ることができます。

小さい荷物や靴などは後部ドアを開けて、2列目シートの前と後ろの下側のスペースに入れることができます。また後部のハッチドアを開け、フックをかけてランタンをセットし、ミニテーブルと椅子を置くと、食事などに便利です。

車の後部には12Vの電源があるので、アダプターを使ってスマホを充電したり、100Vのカーコンバーターを使用して家庭用のお湯沸かし器などをフラットな場所で使うことができます。妻との旅行か、友人1人までなら快適に車中泊ができますが、3人は無理かもしれません。

子供がいる家族旅行では車中泊は難しいようです。ちなみに私は家族で行くときにはオートキャンプ場を利用して、一人で山登りの時などは車中泊と分けています。

日産 ステージア250RXは?

後部座席を倒したときの室内長1975mm、室内幅1470mmと広く、室内高は1200mmと低いですが、車中泊には十分です。

この車は高さがないため、強風時でも揺れることがなく安定しているので運転がしやすい車です。また燃料タンクは80ℓ入るので、高速道路でのガソリン切れなどを心配することもありません。燃費は市内走行で7km/ℓから8km/ℓ、高速走行では10km/ℓを超えます。

ラゲージはかなり広く、タイヤ部分の張り出しも気になりません。荷物はライトバン並みに、たっぷち積むことができます。車中泊の時は後部座席を前に倒し、銀マットを敷けばフラットな空間になり奥行きは180cmを超えるほどです。後部座席を倒した部分が少し浮くので、前後を段ボールや不要になった毛布を使用して、よりフラットになるように調整すると快適になります。大人2人でも十分に寝ることができます。ラゲージパネルを開けることはできますが、銀マットを敷いていたり、荷物を置いた状態では開けることができないので、普段使わないタイヤチェーンやメンテナンスキットを入れて置くとよいでしょう。

ドアポケットは開口部が開くようになっており、雑誌などの収納に便利です。家庭用100V電源コンセントが最初からついているので、電気ケトルでお湯を沸かすことも出来ます。ステージアは販売中止となっている型であるため、新車の販売はありません。

中古車を購入予定の方は、室内で食べ物の匂いを浸けたくない方は荷室換気扇であるラゲッジファンをつけているタイプ、自転車を持ち運びたい方は自転車を天井に乗せるバイクリフターがついているタイプが良いかもしれません。

カローラフィールダー

2012年5月以降のモデルは、後部座席を倒したときの室内長は2025mm、室内幅1510mm、室内高1200mmです。

ちなみに2012年5月以前のモデルは室内長が1615mmしかありません。車高が低いので、ステージアと同じく風の抵抗も少なく乗り心地もよくて山道もよく走ります。燃費は1800㏄の2WD車で16km/ℓ、ハイブリッド車は33km/ℓほどです。

上記2つの車と比べるとハイブリット車は別としても、その燃費の良さがわかります。そのため燃料タンクは50ℓとガイア、ステージアと比べるとかなり小さいです。後部座席を倒してフラットにする場合は後部座席がやや高くなるので、トランクルーム側に不要の毛布を敷いて調整するなどの必要があります。タイヤのカローラフィールダー専用のマットもインターネットサイトなどで販売されています。

後部座席のほうに頭を置いて、わざとこの傾斜を利用してもいいかもしれません。ただ下が堅いのでエアマットなどを敷いたほうがよいです。後部タイヤのでっぱりもいくらか気になる部分です。大きい荷物は助手席に乗せるなどしたほうが、空間を広く使えます。

普通車ではトランクルームにあたる後部には広いラゲッジルームがあるので、車中泊時には使用しないものを入れて置くのもいいでしょう。

コメントを残す